メルセデスF1代表、ルイス・ハミルトンのナンバー2降格説を否定
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1のナンバー1ドライバーを引き継いだとの見方を否定した。

昨シーズンの終わりにバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスF1に加入した23歳のジョージ・ラッセルは、ポーパング問題に苦戦している2022年マシンで7回のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンよりも競争力を見せている。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハとジャック・ヴィルヌーヴは、メルセデスF1チーム内で「政権交代」が行われたと考えている。

「私はそのようなコメントにはほとんどフォローしない」とトト・ヴォルフは Osterreichに語った。

「1つか2つの発言を聞いたとき、私はそれについて微笑むことしかできない。ジョージは良い仕事をしているが、それはまさに我々が彼に期待していたたことだ。それが彼がメルセデスにいる理由だ」

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトン(37歳)が今年8回目のタイトルを獲得することはほぼ不可能に見えるため、焦点を失って、代わりにFIAの宝飾品の取り締まりなどに注意を向けているとの見方も否定した。

「チーム内では、そのようなことはまったく気づいていない」とトト・ヴォルフは主張する。

「これらはマスコミで再生されるバックグラウンドノイズだ。ルイスとジョージはお互いをプッシュしあっている」

しかし、トト・ヴォルフは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが明らかに2022年の優勝候補であることを認める。

「昨年、マックスは現在の車よりも悪い車を運転してタイトルを獲得した。今、彼は最速の車を持っており、すべてが彼にとって簡単だ。振り子は彼に有利に振れている」とトト・ヴォルフは語った。

しかし、トト・ヴォルフは、メルセデスF1がすでに2022年を捨てた結論付けるのは間違っていると言い、チームは今週末のバルセロナでの改善で「ミニマイルストーン」を達成できると考えている。

「それが我々が望んでいることだ。物事が逆方向に進む可能性がある。我々は学習が得意だ」

しかし、トト・ヴォルフは、バルセロナでのフェラーリの大幅なアップグレードの一部に、ほぼ1kg軽い新しいペイントが含まれていることを示唆する報告に心を奪われていない。

「今年は長い間それを行ってきた」とトト・ヴォルフは主張する。

「我々はすでに最軽量の塗料を使っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / ジョージ・ラッセル