メルセデスF1、2022年型PUは新型ターボチャージャーで馬力アップの噂
メルセデスF1は、2022年F1マシン『W13』に搭載するパワーユニットで新しい加給システムを導入したターボチャージャーによって馬力アップを果たしていると報じられている。

2021年のコンストラクターあズチャンピオンであるメルセデスF1、F1パワーユニットの設計を支援するために新しいターボスペシャリストを招聘したイタリア版Motorsportは報道。

記事によると、新しいターボ構成はおそらく「6気筒とハイブリッドの再充電の品質を向上させることができ、より極端な戦略を可能にする」としている。

2022年からF1マシンには化石燃料に10%エタノールを混合したE10燃料を使用する必要があり、さらにF1エンジンの開発は3年間の凍結される。

E10燃料はわずかな馬力低下を引き起こすと広く考えられているが、報道ではメルセデスF1が新しい燃料への切り替えによって引き起こされた20馬力の不足を補ったと確信していると主張する。フェラーリF1も同じことをしたと報じられている。

メルセデスF1は、2021年にターボハイブリッド時代で初めてパワーユニットのエンジン使用基数制限を超え、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの両方がシーズン後半にグリッドペナルティが課せられた。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ドライバーズチャンピオンシップでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに敗れたのは彼らのF1パワーユニットのせいではなく、エンジン設計の

チームプリンシパルのトト・ヴォルフは、彼らのパワーユニットはドライバーズチャンピオンシップの敗北のせいではなく、エンジンのデザインの癖によって通常よりも早く劣化しただけだと語った。

「エンジンのおかげでチャンピオンシップを失ったというわけではないが、8年ぶりに問題が発生したのは事実だ」とトト・ヴォルフはAuto Motor und Sportに語った。

「最初は、悪い生生産工程から1つのコンポーネントにしか影響が出ていなかったが、それがエンジンが素行時間で以前よりも多くのパワーを失うという伝染病に発展した」

メルセデスは2月18日(金)にシルバーストンで2022年F1マシン『W13』を発表。そこでシェイクダウンを発表すると考えられている。すでにチームはW13のエンジン初始動を終えている。

2022年のプレシーズンテストは3日間のテストが2回行われ、第1回は2月23日~25日にバルセロナのカタロニア・サーキット、第2回はバーレーン・インターナショナル・サーキットで3月11日から13日に行われ、3月20日のF1バーレーンGPで開幕する。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン