メルセデスF1の敗北を目撃したストフェル・バンドーン 「痛みを感じた」
メルセデスF1のリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、2021年のドライバーズタイトル争いがチームにもたらした“痛み”を目撃した。

メルセデスとのフォーミュラEへの参戦と並行して、F1チームのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、特定の週末にレースドライバーが欠場を余儀なくされた際に代役を務めるためにF1パドックでよく見かけられた。

チームに帯同することで、ストフェル・バンドーンは、メルセデスF1チームの運営方法について独自の洞察を得ることができ、2021年にメルセデスF1が両方のタイトル争いにどのように取り組んだかを直接目にしてきた。

ストフェル・バンドーンは、F1アブダビGPでルイス・ハミルトンが8回目のドライバーズタイトル獲得に失敗した後、チーム代表のトト・ヴォルフは、コンストラクターズタイトルを獲得したにもかかわらず、失望を隠すことができなかったと語る。

「コンストラクターズの8連覇にもかかわらず、両方のタイトルを獲得できなかったことへの失望を感じることができた」とストフェル・バンドーンはRTBFに語った。

「でも、それは普通のことだ。トトは信じられないほどのコンペティターであり、スポーツに情熱を注いでいる。彼はチームのために人生を捧げている。アブダビのように勝利が失われた瞬間、それは非常に痛みを伴うものだ」

ターボハイブリッド時代を通じてほとんどの場面で一貫して優位に立っていたメルセデスF1は、2021年はシーズンを通してレッドブル・ホンダに完敗することが多く、チームは新たな課題に直面した。

メルセデスF1は、自分たちを取り巻く競争に苛立っていたかもしれないが、ストフェル・バンドーンは、彼らが両方のタイトルを追いかけたとき、そのタスクはさらにモチベーションを与えることに役立っただけだと語った。

「非常に激しかったし、チームがこのまったく新しい状況とレッドブルとの競争にどのように対処したかを社内で見ることはとりわけ非常に興味深いものだった」とストフェル・バンドーンは語った。

「信じてほしいけど、彼らは非常にモチベーションがあり、おそらくF1を支配したときよりもさらに高かったと思う。彼らは毎週末、すべてが完璧でなければならず、間違いの余地がないことを知っていた」

F1史上の最高の呼び名が高い2021年シーズンで、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間には何度か一触即発の状況があった。

ストフェル・バンドーンは、マックス・フェルスタッペンのレースへのより積極的なアプローチにより、ルイス・ハミルトンはトラブルに巻き込まれないようにドライビングを調整する必要があったと語った。そして、ハミルトンは2022年に再び強くなるだろうと語る。

「ルイスは、バンプとコンタクトがますます頻繁になっているシーズンの半ばから、トラックで彼のアプローチを変えたと思う」とストフェル・バンドーンは語った。

「彼は自分が誰と戦っているのかを正確に知っていたし、適応していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ストフェル・バンドーン