メルセデスF1 「フェルスタッペンの順位入れ替えは伝達されていなかった」
メルセデスのトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンは、F1サウジアラビアGPで、ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンが彼にポジションを返すことを求められていることを警告されていなかったと語る。

F1サウジアラビアGPの38周目、レースコントロールのマイケル・マシからのリクエストを受け入れ、レッドブルがマックス・フェルスタッペンに“戦略的”にルイス・ハミルトンに順位を返すように指示。物議を醸す追突事故を引き起こした。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンを最終コーナーの手前のDRS検知ポイントで前に出そうとして減速。抜かれた直後にDRSを使って抜き返すという戦略を立てた。しかし、ハミルトンはその策略に気づいて抜きにはいかず、フェルスタッペンのリアに追突した。

追突の瞬間、ルイス・ハミルトンはエンジニアのピーター・ボニントンから「マックスにポジションを入れ替えるように頼んでいる」と伝えられた。

追突後、レース中にマイケル・マシとコミュニケーションをとっていたスポーティングディレクターのロン・メドウズは、レースコントロールに「彼がそうするつもりだとは思っていなかった」と語った。

マイケル・マシは「ロン、申し訳ない。私はあなたにそれを伝えた。あなたが他のチャンネルを聞いていたのなら・・・」と伝えると、ロン・メドウズは「ノー、ノー、ノー、それが起こったときにあなたは私に伝えていない。私はその時エンジニアと話をしていた」

スチュワードはレース後にインシデントをレビューし、マックス・フェルスタッペンに10秒ペナルティを科したが、フェルスタッペンの2位に変動はなかった。

アンドリュー・ショブリンは、ルイス・ハミルトンにはマックス・フェルスタッペンが彼を抜かせようとするかもしれないという事前の警告はなかったと語る。

「ルイスと連絡を取る時間はなかったし、彼はそれを予想していなかった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「そして、車載ビデオを見ると、ルイスが問題を抱えていた理由がわかる。マックスは、ほぼ正確に3台の車幅分しかないトラックの真ん中にいたからだ」

「彼はマックスが左に行くのか右に行くのかを知る方法があった」

「マックスはど真ん中に留まり、強くブレーキをかけた。ルイスのブレーキ圧は約50バール。その後、マシンはマックスとの追突を避けるためにギリギリでブレーキをかけた。彼がそれを止めるためにできることはそれだけだった」

「あそこは誰かが抜かせてくれると予想する場所ではない。チームメイトを抜かせるの場合、我々全員がどのように行うかを知っている」

「ポジションを放棄する場合、実質的にそれと異なるべきではない。ポジションを放棄する必要がある」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス