メルセデスF1、グレンフェル・タワー火災の被災者との面会を申し出 / キングスパン スポンサー契約問題
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、キングスパンとの新しいスポンサー契約に対する反発を受け、グレンフェル・タワー災害の生存者と遺族に会うことを申し出た。

F1サウジアラビアGPに先立ち、メルセデスF1は断熱および建材大手のキングスパン(Kingspan)との新しいスポンサー契約を発表。同社のロゴはW12に掲載されている。だが、この動きは、2017年に72人が死亡したグレンフェル・タワー火災の影響を受けた生存者とその家族からの反発を引き起こした。

キングスパンのK15断熱材は、グレンフェル・タワーに設置された製品のひとつであり、災害への同社の関与は広く調査されている。

キングスパンは、同社の製品が「建物の規制に準拠していないシステムでキングスパンの知らないうちに代替製品として」使用され、タワーで使用された断熱材全体の5%だった」と主張し、自社の材料の防火性能についての誤解を否定している。

犠牲者と生存者の家族で構成された圧力団体であるグレンフェル・ユナイテッドは、メルセデスF1がキンスパンをスポンサー契約を結んだことを非難し、契約をキャンセルするように依頼した。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフへの公開書簡の中で、グレンフェル・ユナイテッドは「キングスパンは、今日、私たちが感じる痛みと苦しみを負わせる上で中心的な役割を果たしました。キングスパンの無謀さと人間の生活に対する不注意については、ある程度の公的非難が必要です」と述べた。

「キングパンと提携することで、あなたは人間の生活よりも利益を優先するこのシステムに直接関与していると考えます。したがって、私たちは、あなたがキングスパンから自分自身を切り離すために積極的な行動を取るという保証を求めます」

「グレンフェル・ユナイテッドは、あなたの株主と手紙を共有し、あなたの返事を待ちたい思っています。この件についてさらに話し合うために、あなたとのミーティングを促進させていただきます」

「それは単なる“いつものビジネス”ではありえません。F1には倫理と価値観が存在し、行動に影響があることを示していただければ幸いです」

キングスパンのスポンサー契約への注目は、英国住宅国務長官のマイケル・ゴーブが、メルセデスF1にパートナーシップの見直しを依頼することを明らかにしたときに高まった。

マイケル・ゴーブはTwitterへの投稿で「メルセデスAMG F1が、グレンフェルの調査の進行中に、クラッディング会社キングスパンからのスポンサーシップを受け入れていることに深く失望しました。私は彼らに再考するように頼むためにメルセデスに手紙を書きます。グレンフェル・コミュニティはもっと良い価値があります」

メルセデスF1は批判に直面することを認識しており、スポンサー契約をキャンセルすることは申し出ていないが、トト・ヴォルフはグレンフェル・ユナイテッドからの災害の影響についてもっと知りたいと語った。

メルセデスF1のソーシャルメディアチャネルで公開された手紙の中で、トト・ヴォルフは「グレンフェル・タワー火災の悲劇は私には想像を絶するものでした。それは決して起こるべきではありませんでした」と書いた。

「我々のチームを代表して、この発表によって、さらに大きな打撃を与えたことを心からお詫び申し上げます。そうすることは決して我々の意図ではありませんでした」

「悲劇の完全な原因を明らかにするための公聴会の仕事は非常に重要です。パートナーシップを締結する前に、キングスパンと深く関わり、グレンデルで起こったことで彼らの製品がどのような役割を果たしたかを理解しました」

「キングスパンは、グレンフェルタワーの被覆システムの設計や建設には何の役割も果たさず、建築規制に準拠していないシステムの一部について、知らないうちに製品のごく一部が代替品として使用されたと述べています。そして、それは安全ではありませんでした」

「これは、あなたが受けたひどい悲劇や、あなたの地域社会で感じられた深く継続的な痛みにまったく変わらないことを私は知っています。私がよりよく学び、理解するために直接会うことを申し出てくれたグレンフェル・ユナイテッドに感謝します」

「できるだけ早く集まるのを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スポンサー