メルセデスF1、キングスパン社とのスポンサー契約に非難殺到
メルセデスF1は、アイルランドの建材大手キングスパン(Kingspan)と結んだ新しいスポンサー契約について、グレンフェル・タワー火災の生存者と犠牲者の家族のグループから非難されている。

メルセデスF1は、12月1日(月)にキングスパンとのスポンサー契約を発表。パートナーシップの一環としてキングスパンのロゴがW12に掲載され、同社はメルセデスF1チーム内の「サステナビリティワーキンググループ」にも参加する。

しかし、この契約のニュースは、グレンフェル・タワー火災のコミュニティグループであるグレンフェル・ユナイテッドからの怒りの反応を引き起こしました。

2017年6月、ロンドン西部のグレンフェル・タワーの高層住宅で火災に発生。英国内では第二次世界大戦後最悪の死者数となる72人の住民の命が奪われた。

火災の調査の結果、キングスパンの製品を含むタワーの周りに設置された断熱材のいくつかが炎の中で燃焼し、その深刻さに寄与した可能性があると判断された。災害への公的調査のフェーズ2は来週再開される。

火災の遺族や生存者を代表するグレンフェル・ユナイテッドは、キングスパンが自社製品の火災安全品質を偽って主張したとして非難している。

グレンフェル・ユナイテッドは、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフへの公開書簡の中で、キングスパンとのチームのスポンサー契約の発表を「本当に衝撃的」であると説明した。

「キングスパンは、今日、私たちが感じる痛みと苦しみを負わせる上で中心的な役割を果たしました。キングスパンの無謀さと人間の生活に対する不注意については、ある程度の公的非難が必要です」とグレンフェル・ユナイテッドは手紙で述べた。

英国住宅国務長官のマイケル・ゴーブも、ソーシャルメディアに投稿した声明でメルセデスF1を批判した。

「グレンフェルの調査が進行している間、メルセデスAMG F1がクラッディング会社のキングスパンからのスポンサーシップを受け入れていることに深く失望した」とマイケル・ゴーブは述べた。

「メルセデスに手紙を書いて、彼らに再考するように要請する。グレンフェル・コミュニティはもっと良い価値がある」

メルセデスF1のスポークスパーソンは「我々のパートナーであるキングスパンは、グレンフェル・タワーの悲劇で何がうまくいかなかったのか、そして、その理由を特定するためのInquiryの非常に重要な作業をサポートしてきました」とコメント。

「今週発表された我々の新しいパートナーシップは持続可能性を中心としており、この分野での目標の達成をサポートします」

キングスパンは、同社の製品が「建物の規制に準拠していないシステムでキングスパンの知らないうちに代替製品として」使用され、タワーで使用される断熱材全体の5%に達したと主張し、自社の材料の防火性能についての誤解を否定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スポンサー