メルセデスF1、信頼性問題はホンダのF1エンジンの進歩が影響
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、今年のF1エンジンの信頼性問題は、ホンダのF1エンジンの進化により、支配的だった以前の年では追い込む必要がなかった領域まで使用しなければならなくなったためだと示唆する。

ルイス・ハミルトンは、F1トルコGPの決勝で10グリッド降格ペナルティを受けるかもしれないが、それがメルセデスのF1エンジンの懸念の終わりを示すわけではない。

メルセデスは、ルイス・ハミルトンのF1パワーユニットの内燃エンジン(ICE)を3基目の制限を超えて交換することを余儀なくされ、ハミルトンは11番グリッドからレースをスタートする。

土曜日の予選でトップタイムを記録したことはペナルティによる“ロスを制限”するのに役立つかもしれないが、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、残りのレースのどこかの段階でさらなるペナルティを受けないければならないことは“明らか”だと語る。
しかし、シルバーストンでのクラッシュでマックス・フェルスタッペンのエンジンの1つを失ったレッドブル・ホンダとは異なり、メルセデスの変更は、ICEに懸念が生じたことを示唆していた。結局のところ、エンジンが失われたわけではない。

ホンダが最後のF1シーズンにレッドブルおタイトル争いを後押しするために2022年に予定されているアップデートを早急に進めて大きく前進した後、メルセデスF1は、今年まで享受してきたF1パワーユニットのアドバンテージが失った。

トト・ヴォルフは、チームが「パワーユニットのパフォーマンスで限界を押し上げる」とき、「いくつかの障害を経験する」ことは避けられないと話し、エンジンで発生した問題についてオープンにしました。

「我々のパワーユニットは、2014年にハイブリッドエンジンが発表されて以来、最も信頼性が高くなっている」とトト・ヴォルフは語った。

「これらの限界が押し広げられているため、たとえば、燃焼エンジン内で、その段階ではまだ完全には理解されておらず、過去に何らかの問題を引き起こした異常なノイズの例を目にした」

「基本的に故障したエンジンがあったが、今は問題を封じ込めることが重要だ。その段階では、パーツの再設計は取り組むことではなかったからだ」

シーズンの終わりに近づき、現在のシーズン中のパワーユニット開発の凍結は、修正に取り組み、それを実装するほど簡単ではないことを意味する。

この問題を解決するためのメルセデスの追加の課題は、2022年の初めにパワーユニットが凍結し、次世代のF1パワーユニットが導入されるまでエンジンをロックすることだ。

「パフォーマンスと信頼性のバランスをとることは、過去2年間、常に重要な指標であり、今後もそうなるだろう」とトト・ヴォルフは述べた。

「不足分が理解されているので、来年に不足分を持ち込まれることはないだろう。そして、今後はこれらを含む解決策を見つけることが重要だ」

ルイス・ハミルトンは土曜日の予選後、日曜日のF1トルコGPでの勝利は「11番手からは非常に難しいが、不可能ではない」と考えたと語った。

「ターボや他の補助要素のような他のパーツは素晴らしい状態であり、楽に走行距離の制限内であることには本当に満足している」とトト・ヴォルフは語った。

「したがって、新しいコンポーネントを使用する必要はなかった」

リイス・ハミルトンはまた、予選後、ペナルティを回避するために「エンジンNo.3を維持することを望んでいた」と主張した。

トト・ヴォルフは、エンジンNo.3はまだプールにあり、メルセデスが残りシーズンを通して使用できるが、その使用を注意深く計画しなければならないと認めた。

「問題は、まだプールにあるNo.3をいつ、どのように展開するかだ」とトト・ヴォルフは述べた。

「それは、今後数レースで評価する必要がある。金曜日にのみ走らせるか、土曜日または日曜日に走らせるかを決定できるからだ」

「我々はまだその助けになる3基目のエンジンがあるが、このエンジンをどこまでプッシュしたいかは確信が持てていない。必ずしも走行距離だけではなく、別の信頼性のトピックを理解することでもある」

エンジンの問題を封じ込めることは、メルセデスがマックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダとの激しいタイトル争いの中でジャグリングするための追加のタスクになる。

焦点は、来年のエンジン凍結に間に合うように問題の根底に到達することと、さらなる後退に備えて、今年の最終段階を通じて制限が管理されることを保証することにある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ホンダF1