メルセデスF1代表、ボッタスの“小さなミス”をレッドブル・ホンダに謝罪 / F1ハンガリーGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブル・ホンダのレースを台無しにしたバルテリ・ボッタスの“小さなミス”を謝罪した。

レース直前に雨によて滑りやすくなったウェット路面で、バルテリ・ボッタスはスタート時にブレーキングでミスをして、ターン1へのアプローチでランド・ノリス(マクラーレン)に追突した。

この接触によって制御不能となったランド・ノリスはマックス・フェルスタッペンに追突し、フェルスタッペンのRB16Bはボディワークに深刻なダメージを負った。さらにバルテリ・ボッタスはもう1台のレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスに衝突した。

バルテリ・ボッタス、ランド・ノリス、セルジオ・ペレスは1周目にリタイアとなり、マックス・フェルスタッペンはレースを続行できたものの、10位でチェッカーを受けることになった。

マックス・フェルスタッペンがメルセデスF1にぶつけられたのは2戦連続であり、今回はセルジオ・ペレスがリタイアに追い込まれた。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは。バルテリ・ボッタスの“小さなミス”についてレッドブル・ホンダに謝罪した。

「感情を完全に理解している。私にできることはその責任を負うことだけだ」とトト・ヴォルフは語った。

「ブレーキをかけるのが遅すぎた小さなミスであり、ランドと2台のレッドブルを破壊した」

「起こるべきことではないが、雨の中ではかなりトリッキーになる可能性がある。彼(ボッタス)は挟まれていたと思う。そして、彼がインを閉じた瞬間、彼らは少し遅くブレーキをかけた」

「小さなミスが大きなアクシデントを引き起こしたし、彼らの多くのポイントと2台が表彰台に上がる可能性を犠牲にした。申し訳なく思っている」

クラッシュの結果として、次戦F1ベルギーGPで5グリッド降格ペナルティを科されたバルテリ・ボッタスは、事故の責任を認めている。

他のドライバーから非難されたバルテリ・ボッタスは「皆の言うとおりだ」と Sky F1 にコメント。

「スタートが悪かった。多くのホイールスピンで勢いを失った。ランドが僕の前に出て、ターン1のブレーキングで僕は彼のすぐ後ろにいた」

「僕がブレーキングポイントを誤って判断した。ホイールがロックすることを予想していなかった」

「彼らもかなり早くブレーキをかけたように感じたけど、僕が後ろにいたし、最終的にランドに追突してしまったのは僕に責任がある。彼は彼の前で多くの人々にぶつかることになった」

「私にとっても他の人にとっても素晴らしいことではなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / F1ハンガリーGP