メルセデスF1、ボッタスにハミルトンのマシンの損傷チェックを依頼
メルセデスF1は、F1イギリスGPでマックス・フェルスタッペンと接触したルイス・ハミルトンのマシンに損傷の兆候がないかどうかをチェックするようバルテリ・ボッタスに依頼していた。

F1イギリスGPでのオープニングラップでのマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの接触は、2021年シーズン最も劇的なインシデントとなった。フェルスタッペンはバリアに高速で突っ込み、51Gの衝撃でマシンは大破した。

一方で、メルセデスF1は、すぐにルイス・ハミルトンのマシンの損傷を恐れていた。トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターを務めるアンドリュー・ショヴリンによると、起こりえた最善のことは赤旗だったと語っている。

赤旗中断によって、メルセデスF1は接触でひびが入っていたルイス・ハミルトンの左フロントホイールを修正することができた。アンドリュー・ショブリンは「赤旗が出ていなければDNFだっただろう」と述べている

アンドリュー・ショブリンは「しかし、残りのダメージは非常に小さかった。タイヤの温度センサーが緩み、ぐらついていた。それはフロントウィングで最も重要でない部分であり、壊れた唯一の部分だった」

しかし、チーム無線では、レースがダブルイエローフラッグ下にある間、メルセデスF1バルテリ・がボッタスにルイス・ハミルトンのマシンのチェックを要求したことを確認された。

衝突直後、シャルル・ルクレールがルイス・ハミルトンを抜いて首位に立ったため、メルセデスF1のデュオは2位と3位につけていた。

次に、バルテリ・ボッタスのレースエンジニアであるリキム・スコーニからのメッセージが届いた。

『バルテリ、ルイスと並んで走れるか。追い越さないように。彼のマシンに損傷が見られるかどうかを確認してほしい。彼の後ろにいてくれ」

マシンの左側を見るよう求められたバルテリ・ボッタスは『正直、あまり見えない。たぶんフロントウィングに小さな損傷がありそうだけど・・・』と答えた。

『かなり良さそうだ』とバルテリ・ボッタスが伝えると、リキム・スコーニは『ありがとう。ステイアウトしてくれ』と締めくくった。

赤旗中断中、メルセデスF1のメカニックがタイヤ温度センサーが緩んでいた領域にテープを巻き付けているのが見られた。

メルセデスF1の最高技術責任者のジェームズ・アリソンは「フロントウィング間の製造上のわずかな違いが我々にわずかに異なるバランスを与えていたかもしれないので、新しいフロントウィングを装着することによってマシンを邪魔する必要はなかった」と説明する。

「エレメント全体を変更するよりも、テープと接着剤でわずかな損傷を修正する方がはるかに便利だった」

「当時は、それが我々にとって最も簡単なことであり、リスタート後も以前と同じパフォーマンスを確保するための最良の方法だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1イギリスGP / バルテリ・ボッタス