メルセデスF1 「ペレスがいなければ少なくとも1台は2ストップにしていた」 / F1フランスGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、F1フランスGPでのメルセデスとの戦いで重要な役割を果たしていた。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1フランスGPのレース後、ペレスが2台のメルセデスのピットウインドウナイに留まっていたことで、“シルバーアロー”は2ストップのギャンブルを敢えてしなかったと語った。

ピットストップシークエンスを他の3台とずらしたセルジオ・ペレスは、メルセデスの2台の近くに留まり、多くのドライバーがタイヤに苦しむなか、持ち前のタイヤマネジメントでバルテリ・ボッタスを抜いて表彰台に上がった。

そして、その継続的なプレッシャーにより、マックス・フェルスタッペンは異なる戦略=2ストップという賭けを成功させてレースに勝つことができた。

「ペレスが邪魔をしていたため、2ストップ戦略は危険だった」とトト・ヴォルフは Motorsport-Total.com に語った

「ペレスが我々のウィンドウ内にいなければ、少なくとも1台のマシンは2回ストップしていただろう。現在、4台のマシンが互いに競い合っている」

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンも「セルジオのタイヤが比較的にフレッシュだったことから、コース上で追い抜けるだけのペースがあるかどうかが分からず、それを懸念していた」とレース後に語った。

今のところ、レッドブル・ホンダF1がセルジオ・ペレスを獲得したのは正解という答えが出ている。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコも、ペレスがそのポジションにいたことで、マックス・フェルスタッペンの2ストップ戦略に踏み切ることができたと語る。

「我々はペレスをより長くステイアウトさせることで、比較的早い段階でこの方向に取り込んだ。したがって、ペレスがいなければ、そして、彼がそれほどオープンマインドでなければ、我々はすべてを行うことができなかっただろう」とヘルムート・マルコはセルジオ・ペレスを褒め称えた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1フランスGP / セルジオ・ペレス