メルセデスF1、バルテリ・ボッタスのマシンからホイールの取り外しに成功
メルセデスF1は、F1モナコGPのピットストップで外れなくなったバルテリ・ボッタスのマシンのホイールを取り外すことができたことを報告した。

バルテリ・ボッタスは、モンテカルロのストリートでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンと勝利を争うことを目指していたが、彼の希望は、悪夢のようなピットストップ問題によって無情にも終わりを迎えた。

30周目にタイヤ交換のためにバルテリ・ボッタスがピットに入った際、メルセデスF1はボッタスのマシンから右フロントタイヤを外すことができず、時間は刻々と過ぎていった。チームの努力にもかかわらず、メルセデスF1はボッタスのマシンをリタイアさせることを余儀なくされた。

メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、ピットストップでの出来事を“壊滅的”だと表現したが、ホイールガンのオペレーターを非難することは拒否した。

「メカニックとはとは何の関係もない。実際、彼はピットストップのスピードに関してチームで一番であり、最も適したメカニックだ」とトト・ヴォルフは語った。

レース後、メルセデスF1のテクニカルディレクターであるジェイムズ・アリソンは、ホイールナットがホイールガンによって機械加工されたと述べた。過去にチームは同様の問題でピットストップの遅れに直面していたが、DNFをもたらしたのは今回のモナコが初めだった。

まあ、ジェイムズ。アリソンは、レース後もホイールナットが動かなくなっており、ブラックリーのファクトリーで専門の機器を使用して取り外す必要があることを明らかにしていた。

レースが終わってから2日後の火曜日の午前9時59分、メルセデスF1はついにボッタスのマシンからホイールを取り外したことを報告。ソーシャルメディアに投稿されたビデオでその瞬間を共有した。


メルセデスのチーフストラテジストを務めるジェームズ・ボウルは「このナットは、ブレーキング時および横方向の5gの力に対応できるように、ホイールをマシンに固定する必要がある。車軸とナットには巨大な力がかかり、緩むことは決してないのは明らかだ」と説明する。

「したがって、ホイールガンは信じられないほど強力なガンだ。実際にメカニックたちは地面に自分自身を押さえつけているを見ることができると思う。そうしないと一緒に回転してしまう」

「衝撃力で、通常、ナットは4〜5回の衝撃で緩む。何が起こったのかというと、少し角度が付いていたため、ソケットがナットに接続されたとき、ソケットはそれに対してわずかに角度が付いていた。その結果、すべてのナットに負荷を分散する代わりに、小さなセクションに負荷が分散された。そして、それは金属をきれいに引き裂き、実際にはすべての金属がナットから取り除かれた。その結果、ナットは所定の位置にあり、取り外すことができなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1モナコGP / バルテリ・ボッタス