メルセデスF1代表 「ジョージ・ラッセルは学ぶべきことがたくさんある」 / F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1エミリア・ロマーニャGPのバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)のクラッシュは“まったく面白くない”ことだとし、育成ドライバーであるラッセルにはまだ“学ばなければならないことがたくさんある”と語った。

F1エミリア・ロマーニャGPでは、ジョージ・ラッセルが、バルテリ・ボッタスを追い抜こうとした際に芝生でホイールが空転してコントロールを失い、両車はもつれて衝突。周囲にはデブリが広がり、レースは赤旗中断となった。

トト・ヴォルフは「一方が100%責任を負い、もう一方がゼロになるような状況は人生で決してない」として、どちらかのドライバーに責任があるかを追求するつもりはないとしながらも、ジョージ・ラッセルの作戦とそれが行われた非常に具体的な状況について疑問を呈した。

「全体の状況は決して起こるべきではないものだった」とトト・ヴォルフは言った。

「バルテリは最初の30周が悪かったので、そこにいるべきではなかった。しかし、トラックが乾いてきていたことを考えると、ジョージはこの作戦に乗り出すべきではなかった」

「それはリスクを冒すことを意味し、他のマシンは彼の前にあるメルセデスだ。どんなドライバーの育成においても、若いドライバーにとって、このグローバルな視点を決して失ってはならない」

「彼には学ぶべきことがたくさんあると思う」

事件の状況だけでなく、トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルがメルセデスのドライバーとしてレースをしている状況とリスクを比較検討するべきだったと提案した。

「メルセデスがいて、それが濡れていることを確認する必要がある。追い越すには一定のリスクがある」とトト・ヴォルフは説明した。

「いずれにしろ、トラックが乾いてきているとき、彼に勝算はある。今、私は彼に我々に対して何かを証明しようとすることは望んでいない。ひとつ言えることは、バルテリのことは5年間知っており、彼は何も証明しようとはしていません」

レース後のジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスの守備的な動きに疑問を呈し、他のドライバーに対してはおそらくそのようなことはしなかっただろうと語った。

これは、ジョージ・ラッセルが、2022年にメルセデスF1でバルテリ・ボッタスの潜在的な後継者であることを意識しての発言だと解釈されている。

トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルのこの主張は「でたらめ」だと語る。

「正直なところ、全体の状況は我々にとってまったく面白くない」とトト・ヴォルフは語った。

「それはかなり大きなクラッシュだった。我々のマシンは、確実に必要としていたコスト上限の環境でほぼ償却されている。おそらく我々がやれるアップデートを制限することになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1イタリアGP / ジョージ・ラッセル