メルセデスF1幹部 「ミハエル・シューマッハと勝てなかったのは最大の後悔」
メルセデスF1の長年のメンバーたちは、F1界のレジェンドであるミハエル・シューマッハとレースで勝利を収められなかったことに悔いが残っていると語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、1度引退してグリッドから3年間離れた後、2010年にワークスチームとして新たなスタートを切ったメルセデスF1とともにF1に復帰した。

その後、ミハエル・シューマッハは3シーズンをメルセデスF1で過ごしたが、その間に表彰台に戻ったのは2012年のF1ヨーロッパGPの3位フィニッシュの1回だけだった。

その2レース前に、ミハエル・シューマッハはF1モナコGPのポールポジションにWO3を置いたが、前レースで5グリッドペナルティを受けており、メルセデスとの最初の勝利を収めることができなかった。

現在のメルセデスF1でチーフストラテジストを務めるジェームズ・バウレスは、チーフエンジニアのサイモン・コール、トラックサイドのエンジニアリングディレクターのアンドリュー・ショヴリン、スポーツディレクターのロン・メドウズとともに、F1史上最高のドライバーの1人であるミハエル・シューマッハと仕事をした思い出を共有した。

「本当に嬉しかった。おそらく彼の人生でこれまでに行った中で最高のラップの1つだったと思う」とジェームズ・ボウルズ Beyond The Grid でFF1モナコGPでのポールラップについて語った。

「しかし、彼は率直に言ってレースに勝利に値していたし、現場とファクトリー内で我々全員が心を痛めた。彼はチームに多大な努力を払ってくれた。そして、彼のチーム内での人生の多くは彼にとって報酬であり、あれは彼の年間を通してのチャンスだった」

「そして、あれが彼の降格が決まっていたレースだったという事実に心を痛めた。彼に申し訳なく感じた。今でもそう感じている。彼がチームに与えてくれたことを考えれば、それに値する結果を得ることができなかった」

その後、ロン・メドウズは、ミハエル・シューマッハは、メルセデスF1がその後数年間で支配的な勢力になる多くの基盤を提供してくれたとし、シューマッハと勝てなかったことに対するチームの遺憾の意を語った。

「ミハエルが我々の改善にいかに貢献したかを考えると、彼が我々のためにレースに勝つのを見れなかったことは私の最大の後悔であるのは確かだ」とロン・メドウズは語った。

「私は本当に信じているし、我々全員が彼を勝たせたかった。だが、それは実現しなかった」

「数年後、我々は勝利を止めることができなかった。今日、我々が勝利している理由は、彼が我々をより良くしてくれたからであり、多くは彼によるものだったからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ミハエル・シューマッハ