メルセデスF1 「イモラとポルティマオはレッドブル・ホンダが優勢」
2021年の開幕戦F1バーレーンGPではルイス・ハミルトンが勝利を収めたメルセデスF1だが、来月イモラでレースが再開されると状況が変わるのではないかと心配している。

「かなりハードな仕事だったし、我々はかなり苦労していた」とメルセデスF1のトラックサイドエンジニアリング責任者を務めるアンドリュー・ショブリンは語った。

「テストとプラクティスでのレッドブルを見ると、彼らのマシンは本当にうまく機能しており、どのポイントでも弱点は見当たらなかった」

確かにF1バーレーンGPでは、予選までレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがすべてのセッションを制したが、決勝ではセルジオ・ペレスがピットレーンスタートとなった不利もあり、戦略面で有利なメルセデスF1がアンダーカットを成功させてルイス・ハミルトンが勝利を収めた。

「彼が幸せではなかったことは分かると思う」とレッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は間違いなく、サーキットのあのパート(プラクティス/予選)ほど幸せではなかった」

アンドリュー・ショブリンは、F1バーレーンGPが“レッドブルが勝っていたレース”であったことに同意。したがって、イモラとポルティマオでの今後のレースについて心配している。

「バーレーンよりも我々に合ったサーキットであることが見つかることを願っている」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「しかし、イモラとポルティマンに目を向ければ、我々はは高速で十分ではないと思う。イモラとポルティマンには高速の部分がたくさんある」とアンドリューショブリンは付け加えた。

「それは彼らが現時点で我々よりも有利なエリアの1つだ」

メルセデスF1の問題を複雑にしているのは、2022年のまったく新しい技術規制からリソースが奪われないようにしながら、緊密なタイトル争いのために現在のマシンを開発する必要があることだ。

レッドブル・ホンダは、イモラの前に2021年F1マシン『RB16B』をにアップデートを加えることを明らかにしている。

レッドブル・ホンダのチーフエンジニアであるポール・モナハンは「いくつかの開発がすでにイモラに向けて進行中だ。その後のレースに向けてももっと多くのことを計画しており、これからは二面的な戦いになる」とコメント。

「我々の運命は我々の支配下にあり、我々はメルセデス、マクラーレン、フェラーリ、そして他の誰かがやりたいことに影響を与えることはできない。だから、我々は集中し続ける必要がある」

「我々は他の人の行動に影響を与えることはできないので、開発する必要がある。防弾にする必要がある。マックスとチェコに、イモラでポルトガル、スペイン、モナコ、他のどこへ行ってもできるだけ速く運転できるマシンを提供する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1