メルセデスF1、新兵器セルジオ・ペレス加入のレッドブル・ホンダを警戒
メルセデスF1のテクノロジーディレクターであるマイク・エリオットは、2021年レッドブル・ホンダはセルジオ・ペレスによってさらに後押しされ、『最強の敵』であり続けると考えている。

メルセデスF1は、オールラウンドなパフォーマンスを発揮したW11で、2020年にドライバーズ選手権とコンストラクーズ選手権の両方を制し、ダブルタイトルを7連覇した。

新しいF1レギュレーションが2022年まで延期されたことで、2020年と2021年はレギュレーションがほぼ安定しており、理論的にはメルセデスがタイトルの連覇を8回に伸ばす絶好の位置にいる。

しかし、特にメルセデスF1が2021年のF1世界選手権で“最強の敵”になると予想するレッドブル・ホンダは、新たな武器を手に入れた。

その武器とは、レーシング・ポイントを放出され、マックス・フェルスタッペンのパートナーとなったセルジオ・ペレスだ。

2020年のドライバーズ選手権で4位を終え、F1サヒールGPでのF1キャリア初勝利を挙げたセルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダが過去数シーズンにわたって欠いていたポイント獲得のスペシャリストであり、メルセデスF1はレッドブル・ホンダとのギャップが埋められていることを非常に認識している。

「我々が対戦しているチームを見れば、当然ながら、レッドブル・ホンダに目を向ける見ることになるだろう」とメルセデスF1以外で最強のドライバーラインナップを指名するよう求められマイク・エリオットは語った。

「彼らは我々の最強の敵であり、彼らにはフェルスタッペンという非常に優れたドライバーがいる。コンストラクターズ選手権においては、セルジオ・ペレスはポイントを獲得するための強力なセカンドドライバーになると思う」

レッドブル・ホンダ以外では、マイク・エリオットは2022年にメルセデスF1のドライバー候補となっているジョージ・ラッセルを含めた数名のドライバーにも目を向けている。

「キードライバーに目を向ければ、(シャルル)ルクレールは本当に良いドライバーだと思う。(セバスチャン)ベッテルがアストンマーティンでどのように活躍するか、彼がキャリアを再燃させることができるかどうかを見るのは興味深いだろう」とマイク・エリオットは続けた。

「ほとんどのメルセデスの人々は、我々自身のドライバーを見るだけでなく、おそらくジョージ(ラッセル)がウィリアムズでどのような走りをするかもフォローすることになると思う」

レッドブル・ホンダがセルジオ・ペレスを獲得したにもかかわらず、メルセデスF1は2021年も引き続き優勝候補であり、ルイス・ハミルトンは記録的な8回目のF1ワールドチャンピオンを追いかけている。

しかし、メルセデスF1が彼らの栄光に胡坐をかいていないのは確かだ。マイク・エリオットは、彼らがそうする日は、彼らが“失敗する”日だと語る。

「ニキ・ラウダの言葉に『勝つことから何も学べない。負けることから学ぶものだ。なぜなら、負けたことに対する反応は非常に大きく、負けたことに対する感情的な反応は、得るよりもはるかに強力だからだ』というものがある」とマイク・エリオットは語った。

「負けると、その理由を突き止めようとする。チーム内で我々はそれを目にしている。レースに負けると『なぜ負けたのか』を考える」

「負けた理由を見つけ、可能な限りすべての学習を収集し、それをパフォーマンスの次のステップに変えるという反応は非常に大きい」

「トト(ヴォルフ/チーム代表)が数年前にマスコミで『我々が負ける日はライバルが恐れるべき日だ』と言っていた。それはニキのコメントを極端に言っているようなものだと思う。しかし、チーム内には『7連覇はしたが、完璧に到達するにはまだ長い道のりがある』という感覚がある」

「鏡で自分自身を見つめ、『我々は勝者だ、我々は毎年それをやってきた人たちだ』と思った途端、失敗する日がやってくる」

「ある程度の謙虚さが必要だ。ライバルは強く、我々が眠りにつけば、彼らは我々を打ち負かすだろう。我々が眠りに落ちなくても、彼らは我々を打ち負かすかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス