メルセデスF1代表 「2022年のドライバーラインナップは早期に決断したい」
メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンと2021年シーズンをカバーする新しい1年契約を結んだが、2022年には長期にわたる契約交渉の繰り返しは避けたいと考えている。

2013年にメルセデスF1に加入したルイス・ハミルトンは、2018年7月に2019年と2020年シーズンをカバーする2年間の契約延長にサインした。

しかし、新型コロナウイルスによるシーズンの延期と短縮、さらにはルイス・ハミルトン自身が新型コロナウイルスに感染したこともあり、将来に関する交渉は2020年を通して延期が続き、正式には12月下旬まで議論は開始されなかった。

2月8日(月)、プレシーズンテストまであと5週間弱となったタイミングで、メルセデスF1はルイス・ハミルトンと2021年をカバーするための1年契約の合意に至ったことを発表した。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、1年だけの契約を締結するという決定は、交渉の遅れが原因のひとつであるとして「とにかく進めて、2021年中に将来について話し合う時間を見つけたい」と説明したが、チームは将来の長期にわたる心配事を避けられることを願っていると述べた。

「レースをしつつ、時間を見つけるのは常に難しいが、議論が遅れさせる外的要因がある可能性があり、再び1月に終わるようなことはしたくないという教訓を学んだ」とトト・ヴォルフは語った。

「そのため、おそらく我々はずっと早くに2022年について話し合いを始めるつもりだ」

「我々は、できるだけ今回のように引っ張りたいはない、長く時間をかけたくないというに共同で合意した。シーズン中に一緒に時間を見つけるつもりだ」

ルイス・ハミルトンの契約締結により、メルセデスF1はドライバーラインナップさせ、2017年にニコ・ロズベルグの代わりに加入したバルテリ・ボッタスと再びペアを組むことが確定した。

トト・ウォルフは、ルイス・ハミルトン、そして、同じく2021年の1年契約であるバルテリ・ボッタスと条件について話し合うことが優先事項であることを繰り返したが、長期的な選択肢も検討しなければならないことをほのめかした。

ライバルのレッドブルとフェラーリは、それぞれマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールという若者に信頼を置いており、メルセデスがサポートするジョージ・ラッセルは3年間のウィリアムズF1との契約の最後のシーズンに入っている。

「バルテリとルイスは2021年に100%のコミットメントと忠誠心を持っており、我々が持っているすべてのもので彼らをサポートする」とトト・ヴォルフは語った。

「その後、今年以降を見据えて、2022年以降に我々が想像するラインナップは何であるかを言うつもりだ」

「我々の最初の話し合いは、忠誠心と誠実さへの我々の価値観を尊重して、バルテリとルイスと行われる」

「しかし、一方で若いドライバーは未来であるため、我々は今後何年にもわたって自分たちをどのようにセットアップしたいかを検討する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / バルテリ・ボッタス / ジョージ・ラッセル