メルセデスF1 「ラッセルの登場はハミルトンとの交渉に影響しない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルのセンセーショナルなメルセデスデビューがルイス・ハミルトンとの交渉に“影響を与えることはない”と主張する。

今週末のF1サヒールGPで、ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスのF1マシンに乗っている。

これまでのシーズンでグリッドで最も競争力の引くウィリアムズでまだポイントを獲得できていないジョージ・ラッセルは、F1サヒールGP初日の両方のフリー走行でより良いマシンを与えられた場合に何ができるかを示した。

また、メルセデスはルイス・ハミルトンとの新契約を成立させていないが、ジョージ・ラッセルの登場が、契約交渉に影響を与えることはないと主張した。

「我々はジョージを車に乗せることについて話し合った」とトト・ヴォルフはバーレーン・サーキットでメディアに語った。

「我々はルイスとの関係がどのようなものかを知っており、彼はチームとの関係がどのようなものかを知っている。

「このような状況が、彼にとっても我々にとっても、ある種の交渉力として利用されることは決してない。それは双方向に言えることだ」

「私は彼がどんな人間か、どのように運転をするか、彼の記録、そして、今週または来週何が起こっても我々の交渉に影響を与えないことを非常に尊重している」

「今週末、そして、おそらく来週末は、ジョージのパフォーマンスの全体的な理解についてより多くの情報を得ることができるだろう。だが、来年はルイスとバルテリとレースをするし、2022年に我々がどこにいるかは、バーレーンのオーバルやアブダビの最終戦でのジョージのパフォーマンスではなく、すべて2022年の我々がシーズンをどのよに進められるかに依存する」

ルイス・ハミルトンとの彼の契約交渉に関して、トト・ヴォルフは、ハミルトンが自己隔離している間は保留されていると語る。

「彼が回復するまでタイムラインは延期されている。我々はそれを完了させる必要があることを分かっている。我々はお互いのことをかなりよく知っていりうが、今の優先事項は彼が回復して陰性に戻ることだ」

「その後、我々は契約書にサインできるように、会うか、ズームで話し合う」

また、トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルの起用がバルテリ・ボッタスとメルセデスのF1シートを賭けた“シュートアウト”になる可能性があるとの見方を否定している。

「いいや、まったくそのようなものはない」とトト・ウォルフは語った。

「その噂は耳にしたが、1~2レースの場合、銃撃戦とは言わない。それが意味のあるデータを与えることはまったくない」

「ジョージがうまくいけば、いつの日か彼は良いマシンに乗り、うまくいけば勝利とチャンピオンシップのためにレースをするだろうということを示しているが、そこからはまだ遠く離れている。彼もそれを知っている」

「とにかく彼は堅実仕事をする必要があり、ミスを犯さず、彼がしてきたことを続ける必要がある」

「シュートアウトではありません。我々はバルテリを完全に信頼しており、これまでと同じように忠誠を誓っている。それが我々の立場だ」

今週末、バルテリ・ボッタスがジョージ・ラッセルに負けた場合、ボッタスにどのように接するかと質問されたトト・ヴォルフは、ドライバーをなだめることに時間を費やす必要はないと語る。

「バルテリは、安心を必要とする人ではない」とトト・ヴォルフは語る。

「彼は自分の立場、チーム内での自分の立ち位置、我々がお互いをどのようにサポートしているかを知っているし、現実的であり続ける必要があることを知っている」

「ジョージは評価の高い若手ドライバーであり、最も評価の高いドライバーの1人だ。彼は速いことが期待されている。彼はチームを知っており、ここは適切なエンジンモードで適切なタイミングで適切な場所にいる必要がある52秒のサーキットだ」

「その点では問題なさそうだ。我々全員が、ジョージがすぐそこにいることを期待していた。週末がどのように終わるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / ジョージ・ラッセル