メルセデスF1チーム、エンジン製造用のマシンで呼吸マスクを製造
メルセデスF1チームは、F1エンジンの製造部門であるブリックスワースのファクトリーを新型コロナウイルス対策を支援するために呼吸機器の製造に活用している。

メルセデスF1チームは、新型コロナウイルスの危機との戦いを支援するために、UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)のエンジニアおよび臨床医と協力して救急呼吸補助装置を構築した。最初の会議から最初のデバイスの製造までにかかった時間は100時間未満だった。

UCL-Venturaとして知られるCPAP(持続的気道陽圧)デバイスは、人工呼吸器を必要とせずに肺に空気を供給するため、他の呼吸器よりも邪魔にならない。

University London College Hospitalと他の3つのロンドン市内の病院でのCPAPデバイスの成功例により、呼吸補助装置は規制当局の承認を受け、英国政府は10,000ユニットを初期発注を行った。

メルセデスは、ブリックスワースの高性能パワートレイン施設で1日あたり最大1,000台のデバイスを生産する能力を持っている。現在、通常F1エンジン用のピストンとターボチャージャーを生産する40台の機械がCPAPデバイスの生産に使用されており、Brixworth施設全体がこの需要を満たすために再利用されている。

エイドの背後にあるチームはまた、他のヘルスケアシステムがCovid-19の患者をサポートできるように、デバイスをメーカーがダウンロードできるようにするために必要な設計を作成しています。

この情報を広く利用できるようにすることで、世界中のヘルスケアシステムがウイルス患者に呼吸サポートを提供できるようになり、世界的な危機への対応に役立つことが期待されます。

メルセデスAMG高性能パワートレインのマネージングディレクターであるアンディコーウェルは、次のように述べています。「プロジェクトが発表されて以来、CPAPデバイスについて世界中から信じられないほど多くの問い合わせが寄せられています。

4月7日(火)、メルセデスF1チームは製造業者向けにCPAPの設計図が自由にダウンロードできるようになっていると明かした。

メルセデスの広報担当者は「この情報を広く知ってもらうことで、世界中のヘルスケアシステムがCOVID-19患者の呼吸補助器を供給できるようになり、今回の問題に立ち向かう世界規模の対策を支援することにつながればと願っています」と語った。

UCL Vice Provost Healthのデビッド・ノーマスs教授は「最初のプロトタイプが作成されてからわずか2週間後に病院に到着するのは驚くべき成果だ。大学、病院、産業界が国益のために協力するときに何ができるかを示している」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス