メルセデスF1、現行シャシーのままで2021年にDASを禁止することに合意
メルセデスF1チームは、2021年も現行マシンを持ち越すという緊急措置にも関わらず、DAS(デュアル・アクシス・ステアリング)は非合法化するという計画に同意した。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、F1には劇的な変化が生じており、今月初め、F1チームは来シーズンに導入が計画されていた大幅なレギュレーション変更を2020年まで延期することに合意した。

これは、F1チームが2021年も現在のシャシーを使い続けることを意味し、変更が許可されるのは空力面だけとなっている。

元々新レギュレーションではDASシステムは禁止となっていたが、2021年も現行のレギュレーションを維持するという動きによって、メルセデスはDASシステムのアドバンテージを維持できる可能性があった。

しかし、メルセデスは現行マシンのままでも2021年にDASシステムを非合法化するというレギュレーション変更に同意した。

FIAにより承認された改訂2021年技術規則の新しい条項10.4.2には「ステアリングホイールの再調整は、単一の軸を中心とする単一の操舵輪の回転の単調関数によって一意に定義される必要がある」と記された。

「さらに、ステアリングシステムに接続されたサスペンションメンバーの内側のアタッチメントポイントは、互いに一定の距離を保つ必要があり、車体の中心平面に垂直な方向にのみ平行移動できる」

DASシステムを2021年に禁止するという決定は、他チームが独自のシステムを開発するために高額なコスト戦争に乗り出すことを強いられないことを保証する。

DASが次世代のレギュレーションですでに禁止されていたという事実は、メルセデスの競争相手の多くに、今年、DASを開発するために投資する価値があるのかという疑問を投げかけていた。だが、2022年に新車が到着するまでDASが許可されていた場合、彼らの見方は違っていた可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス