メルセデスのF1チーム代表にもフェラーリ移籍の噂
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリに移籍するかもしれないとの噂を否定した。

F1アブダビGPの週末には、ルイス・ハミルトンが2021年にフェラーリに移籍する可能性があるとの噂が広まったが、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフもそれに続くかもしれないと囁かれている。

「フェラーリは素晴らしいブランドだが、私がメルセデスと成し遂げたこともユニークだ」とトト・ヴォルフは Auto Motor und Sport にコメント。

「彼らは株主としてチームを買収する機会を与えてくれたので、私は起業家としてここにいることができている。そのため、単純に取り残すことがでいない関係が形成されている」

しかし、トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンにとってはそれは別のストーリーであるかもしれないと認める。

「彼レベルのドライバーはチームを好転させることができる。その要素を過小評価するつもりはない」とトト・ヴォルフはコメント。

「今のところ、合理的なアプローチは我々が一緒に進んでいくことだが、新しいチャレンジが最終的に彼を惹きつけるかもしれない」

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがフェラーリに移籍したとしても、メルセデスは対処できると語る。

「現時点でルイスがチームの柱のひとつであることは明らかだ。だが、速いマシンを作り続けることができれば、それを誰がドライブするかについて自分で決めることができると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス