メルセデスF1 「ハミルトンがフェラーリ移籍を決断しても対処は可能」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがフェラーリ移籍を決断したとしても、チームとして対処することはできると語る。

メルセデスは、ルイス・ハミルトンと2020年以降の契約についての交渉を開始する予定であり、新たに6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフはともに関係を継続することを望んでいる。

しかし、トップドライバーは、大幅にF1レギュレーションが健康になる2021年にチーム移籍に踏み切る可能性が噂されており、ルイス・ハミルトンがフェラーリに移籍するという噂が再浮上している。

「ドライバーがF1で最も重要なフェラーリを夢見るのは当然のことだ」トト・ヴォルフは Sky Italia にコメント。

「赤はF1の太陽のようなものだ」

ルイス・ハミルトンには、その“太陽”を追いかける必要があるかと質問されたトト・ヴォルフは「彼はそれを必要とはしていない。彼は勝つことを必要としている」とコメント。

「彼が必要としているのは、仕事を愛している人たちと一緒のチームにいることだ。そして、彼の感情と心は間違いなく今のメルセデスとともにある」

それでも、トト・ヴォルフは、34歳のルイス・ハミルトンが2021年にフェラーリという“夢”を追求する“可能性”はあると認める。

「我々はF1で最も競争力のあるドライバーを2人起用できることを願っている。そして、彼は今日の最優先事項だ」とトト・ヴォルフは語る。

「だが、彼がマーケットに目を向けたいというのであれば、我々も同じようにする必要がある。他にも気に入っているドライバーはいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン