F1 メルセデス ルイス・ハミルトン
メルセデスのエンジニアたちは、ルイス・ハミルトンがF1イギリスGPで使い古したハードタイヤでどのようにしてファステストタップを叩きだしたのが理解できずにいる。

今年から10位以内でレースをフィニッシュしてファステストラップを記録したドライバーには1ポイントが付与される。これにより、チームはこのボーナスポイントを獲得するためにレース終盤の戦略やアプリーチを工夫するようになった。

最も簡単な方法はレース終盤にフレッシュなタイヤに交換すること。そうすれば、少ない燃料と相まってファステストラップが記録しやすくなる。F1イギリスGPでは、ルイス・ハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスが7周でピットストップを行い、ソフトタイヤで1分27秒406のタイムを記録していた。

しかし、レースのファイナルラップでルイス・ハミルトンは32周オールドのハードタイヤで1分27秒369という記録してファステストラップを更新。メルセデスは、このタイヤが最後まで持つかどうか心配していた。

「正直、32周オールドのハードタイヤでルイスがどうやってファステストラップを出したのかは、我々にもさっぱり分からない」とメルセデスのチーフストラテジストのジェームス・ボウルズはコメント。

「利用できるなかで最も硬いタイヤであり、完全に使い古された状態だった。それにも関わらず、最後に素晴らしいラップを叩きだした。彼はよくやったよ。どうやったのかは想像もできない」

「まさか32周を走ったハードタイヤでファステストラップを記録するなど予想もしていなかったし、実際、我々としては最後に彼をもう1回ピットストップさせるつもりでいた。フリーピットストップになる予定だった。後ろのバルテリはその時点でミディアムしか使っていなかったため、どのみちもう一度ストップする必要があった。レースではもう1種類の別のコンパウンドを使用する義務があるからね」

「ルイスにはそれを想定し、フレッシュタイヤに交換してファステストラップに挑戦してもらうためにピットに呼ぶ準備をしていた。だが、彼はタイヤの状態に非常に満足していた。それで最終的には彼をそのまま走らせ続けることにした。すると見ての通り、彼はタイヤの状態などお構いなしにファステストラップを叩きだしてみせた」

レース後、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンのラップを見て、メルセデスが収集したタイヤデータが“少し馬鹿らしく”思えるほどだったと苦笑いした。

「32周したハードタイヤでファステストラップを出すなんて、とても驚きだ。思わず笑ってしまうほどだ」とトト・ヴォルフはコメント。

「エンジニアたちは、日曜日の朝にファステストラップを狙いにいくのは理にかなっていないし、必ずしもそうする必要はないと伝えられる。それなのに彼はあんなことをやってのけるのだから、データが馬鹿馬鹿しく見えてしまう。だが、全ては彼の能力が成せるわざだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン