F1 メルセデス
メルセデスは、2021年以降もF1を継続することをすでに明らかにしていたが、モータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは少なくとも2025年までF1参戦をコミットしている。

2021年にはF1に大幅なレギュレーション変更が予定されており、メルセデスを含めた既存チームはまだ新しいコンコルド協定にサインしていない。

しかし、Corriere Dello Sport は、ディーター・ツェッチェの後任としてメルセデスの最高責任者に就任したオーラ・ケレニウスは、メルセデスのF1での将来を決定したと報じている。

メルセデスは、フォーミュラEプログラムを前進し続けていくが、噂されたル・マンの計画は一歩後退することになるかもしれない。

この決定は、メルセデスが2021年のレギュレーション変更に強い発言権を持っていることを意味するかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス