F1
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2019年のF1世界選手権は厳しい戦いなることを覚悟しているが、そのチャレンジに挑む準備は整ていると語る。

過去5年間で両方のチャンピオンシップをリードしてきたメルセデスだが、F1プレシーズンテストの結果を踏まえれば、フェラーリが先行しているとの見方が強い。

トト・ヴォルフも現時点ではフェラーリの方が優位であることは認めつつも、重要なのはシーズンを通していかに新しいレギュレーションに適応できるかが重要だと語る。

「やっと再びレースをするときが来た」とトト・ヴォルフはコメント。

「ブラックリーとブリックスワースの全員がこの新車に多大な努力とコミットメントを注いできたので、ようやくメルボルンででコース上でマシンが競争するのを見られることに興奮している」

「昨年、我々はトップになるために本当に全力を尽くさなければならなかった。これまでに学んだことから、今年はさらに厳しいものになるだろう。それは我々を限界までプッシュさせる。そして、それは我々一人一人にとってエキサイティングな見通しです。」

「バルセロナでのパフォーマンスから判断すると、メルボルンでは我々はしっかりと戦えると思っている。しかし、F1シーズンは、誰が開幕戦で最速かが重要なわけではない。今年のような新しいレギュレーションでは、誰が新しいルールや新しいタイヤ、そして、シーズを通してマスターしなければならないすべての課題に最も適応できるかが重要だ」

「今シーズンは最も順応性が機敏なチームがトップに立つことになるだろう。過去に、我々は、速く、柔軟性があり、我々に投げられたすべてのカーブボールを扱うことができることを示してきた」

「戦う準備は整っている。そして、新しいF1シーズンのクレイジーなジェットコースターを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス