F1 メルセデスAMG F1 W10
メルセデスは、2019年F1マシン『W10』のエンジンを初始動。ソーシャルメディアでそのサウンドを公開した。

2014年にF1にV6ターボハイブリッドが導入されて以来、ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の両方のタイトルを5連覇してチャンピオンシップを支配してきたメルセデス。今年もルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのコンビでタイトル防衛に挑む。

メルセデスF1チームは2月8日(金)、テストベンチで稼働させてきたエンジンを2019年F1マシンに搭載して初始動させたことを報告。ファイヤーアップ時のエンジンサウンドを公開した。

2019年型F1パワーユニット『M10 EQ Power+』は、今年もウィリアムズ、そして、フォース・インディア改めレーシングポイントの2チームに供給される。


メルセデスは2月13日(水)にシルバーストーンでW10のシェイクダウンを実施。シェイクダウンはメディアや一般人には非公開となるが、チームはソーシャルメディアを通じてシェイクダウンの模様を伝え、現地時間午前10時にオンラインでW10の画像を初公開するとしている。

これまで2枚のW10のティザー画像が公開されているが、これまでのシルバーのカラーリングとは異なり、どちらもブラックのボディにブルーとグリーンの模様が入ったものとなっており、カモフラージュを施したテスト専用の特別カラーを用意していると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | F1マシン