F1 メルセデスAMG F1 エステバン・オコン フォース・インディア
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、F1モナコGPでフォース・インディアのエステバン・オコンにルイス・ハミルトンのために道を譲るよう要求していたことを認めた。

メルセデスの契約ドライバーであるエステバン・オコンは、メルセデスがF1パワーユニットを供給するフォース・インディアに所属している。

エステバン・オコンは、F1モナコGPのレース後、ルイス・ハミルトンを妨害せずに順位を譲れという“チームオーダー”が存在していたことを示唆していた。

ルイス・ハミルトンをあまりに無抵抗で抜かせたように見えたと質問されたエステバン・オコンは「僕はメルセデスのドライバーだ」とコメント。「ボスに質問するべきだ」

エステバン・オコンにッルイス・ハミルトンを抜かせるように指示を出していたのかと質問されたトト・ヴォルフは「イエスだ」と La Derniere Heure にコメント。

その理由はの問いにトト・ヴォルフは「そういうものだ」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フォース・インディア / エステバン・オコン