F1 ダニエル・リチャルド 中国GP メルセデス
メルセデスのチーム代表トト・ヴォルフは、F1中国GPでダニエル・リカルドが先頭争いで接触せずに優勝できたのはバルテリ・ボッタスの巧みなドライビングのおかげだと語る。

ダニエル・リカルドは、セーフティカー導入時にダブルストップを敢行するレッドブルの戦略的な賭けによって新品のソフトタイヤのパフォーマンスを生かし、6番手からオーバーテイクを連発。残り12周のターン6でバルテリ・ボッタスをインサイドから豪快に仕留めて首位に浮上。トップでチェッカーを受けた。

トト・ヴォルフは、ダニエル・リカルドの印象的な走りを認めつつも、バルテリ・ボッタスの協力のおかげで“粗暴”な追い抜きを成功させることができたと指摘する。

「ダニエルは非常に優れたドライバーのひとりであり、彼は改めてそれを証明した」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「彼は非常に効率的だったし、チャンスを待つことができた。彼は必要なときにアグレッシブだった。全体的に彼にとっては非常に良いレースだったと思う」

「バルテリへの仕掛けは・・・やや粗暴だったかもしれない。だが、それはうまくいった」

「彼は衝突を避けるためにバルテリの助けがあった。だが、それはレースであり、素晴らしいことだ」

トト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスのレースでのパフォーマンスは、予選でフェラーリに0.5秒差をつけられていたメルセデスにとって希望の兆しだったと付け加えた。

「ポジティブだったのはバルテリのレースだけだった。本当に素晴らしいものだった。ミスはなかった。セーフティカーは不運だった」

「リカルドが追い抜きはしたが、バルテリが土壇場でドアを開けなければ、リカルドはぶつかっていただろう」

「バルテリはレース唯一ミスのないドライバーだった」

バルテリ・ボッタスは、ターン6の立ち上がりで妥協をしたくなかったが、ダニエル・リカルドが仕掛けてくるのは必然的だという感覚があったため、半分だけスペースを空けておいたと語った。

「彼が急速に迫っていたし、大きなペースの差があった」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「彼らには本当に強力なクルマがあったし、それに加え、あの時点で新品タイヤを履いていた。抜かれた後の彼のペースを見れば、時間の問題だったと思う」

「そのような状況でも僕はターン6で守るつもりだったし、極端さで言えば少し妥協を強いられた。あまり極端に行けば、彼は後ろでラインを選ぶことができるので、間違えなく出口で捕えられてしまうからね」

「彼は防御されているときでさえ、インサイドにスペースを見つける傾向にある。とにかく時間の問題だった」

関連:【動画】 ダニエル・リカルドが魅せた華麗なオーバーテイクショー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス