ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグが、メルセデスGPの2011年のリザーブドライバーに就任するとの噂が広まっている。

A1GP、ヨーロッパF3、そしてGP2でチャンピオンを獲得したニコ・ヒュルケンベルグは、今年ウィリアムズからF1デビューを果たしたが、2011年のウィリアムズのシートを失った。

ヒュルケンベルグは、ルノーとフォース・インディアのシート候補とされているが、マネージャーのウィリー・ウェバーは、トップチームのテストドライバーも残りの選択肢として検討していることをほのめかした。

ウィリー・ウェバーは「バックマーカーのファーストドライバーよりもトップチームの3年目のドライバー」になることの方がより魅力的なオプションであると Auto Motor und Sport にコメント。

後方チームとシーズンを過ごすことは「なにも学べないし、キャリアが後退することになる」とウィリー・ウェバーは付け加えた。

しかし、メルセデス・ベンツのノルベルト・ハウグは、ニコ・ヒュルケンベルグの噂を否定している。

「今のところ、接触はしていない」とノルベルト・ハウグはコメント。

「彼のクルマはブラジルでポールポジションを獲れるものではなかった。GP2チャンピオンであり、F1でポールポジションを獲った男なので、もちろん非常に能力があることに違いはない」

しかし、ノーベルト・ハウグは、小規模チームのレースシートよりテストドライバーの方がいいというウィリー・ウェバーの意見には同意していない。

「彼がストレートにキャリアを続けたいのであれば、2流チームや3流チームであってもレースをした方がいいだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ニコ・ヒュルケンベルグ