マクラーレン ホンダ インディ500
マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソのインディ500がホンダのエンジン故障で終わったことは“ショックだが、驚くことではない”と述べた。

フェルナンド・アロンソは、初挑戦のインディ500でF1ワールドチャンピオンの実力を示した。素晴らしいレースセンスで27周ラップをリードしたが、残り21周でマシンのリアから白煙が上がった。ホンダのエンジンがブローしたのだ。

マクラーレン・ホンダのF1での苦境のなか、インディ500のプロジェクトの成功はアロンソの士気を高めるものだった。だが、フェルナンド・アロンソはインディ500でもホンダのトラブルに悩まされることになった。

ザク・ブラウンは、ホンダの問題がアロンソをリタイアに追い込んだことはより一層フラストレーションを感じさせると述べた。

「煙が噴き出した。それは我々全員があまりによく目にしている光景だ」とザク・ブラウンはコメント。

「フェルナンド、マクラーレンのみんな、アンドレッティのみんなのことを思うと悲しい」

「我々は非常に痛みをともなう2年間を過ごしたきたし、これは我々に良い結果を与えるためのプロジェクトになることを願っていた」

「再び失望させてしまったことはショックだが、驚くことではない」

ホンダのエンジンは、インディ500の2週間を通してトラブルが多発しており、レースにむけて信頼性に懸念を抱えていた。

フェルナンド・アロンソのチームメイトのライアン・ハンターレイもレース中盤にエンジン故障でリタイア。ホンダのエンジンは3台をリタイアに追い込んだ。

ザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソが問題が発生していることを感じ取っていたと語る。

「フェルナンドはレースの途中になにかに言及していた。彼は何かが少しおかしくなっていると考えていた。それは我々に恐怖を与えたが、彼のペースは良かった」

「彼は明らかにクルマの雰囲気を掴んでいたし、彼がその瞬間に感じたものが最終的に窮地に追い込んだことには驚かなかった。だが、我々ははっきりとはわからなかった」

終盤、フェルナンド・アロンソは、異なるピットストップ戦略で後退していたが、エンジン故障に見舞われたときにはトップ集団へと戻っていた。

ザク・ブラウンは、アロンソが勝てたかどうかを知るのは不可能だとしつつも、リタイアしていなければ、優勝した佐藤琢磨らと終了間際のラップを争っていただろうと語る。。

「そうなっていたと思う」とザク・ブラウンはコメント。

「今、レースがどのように終わっていたか、彼がどの位置を走ってかを言うのは簡単だ。だが、彼はそこにいたと考えている」

「彼は非常に印象的だった。彼はこの1ヵ月で悪い走りはしていなかった。誰もが興奮していたし、みなさんもその熱狂を感じていたと思う。全員が彼が勝つことを望んでいたと思う。彼はそれを喜んでいたと確信している」

関連:【インディ500】 フェルナンド・アロンソ、エンジントラブルでリタイア

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ | インディカー