フェルナンド・アロンソ インディ500 マクラーレン・ホンダ
マクラーレンのザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソが来月のインディ500に参戦する際にアンドレッティ・オートスポーツと協力して戦う小規模のサポートチームを送り込むことを明らかにした。

マクラーレンがインディ500に直接関与することで、フェルナンド・アロンソは、マクラーレン、ホンダ、アンドレッティが共同で運営するマシンを走らせることになる。

「アンドレッティ・オートスポーツが指揮を執ることになる」とザク・ブラウンは NBCSN にコメント。

「マイケルがレースを指揮する。ウォールには彼のチームがいる。我々はサポートする小規模のクルーを派遣する」

「我々が開発しているテクノロジーが利益を生むエリアがいくつかある。クルマの技術から人材までのあらゆる点でね」

「何人か素晴らしいインディカーの経験を有している人材がいる。だが、我々のF1へのいかなる努力も怠ることはできない。関与した経験のあるファクトリーの人材になる」

ザク・ブラウンは、いつかマクラーレンが独自にインディカーに参戦することが長期的なゴールであることを確認した。

「インディ500がマクラーレンの年次レース活動の一部となってほしい」とザク・ブラウンはコメント。

「我々は競争的にそれをやれることを確認しなければならない。商業的にも成り立ち、ブランドに合ったものでなければならない。インディカーとインディ500は、マクラーレンにそのような全てのものを提供してくれると感じている」

「マクラーンのフルシーズンプログラムは無理な注文であり、まだ完全には検討していないが、数年後はあるだろう」

関連:フェルナンド・アロンソ、5月3日にインディカーを初テスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | フェルナンド・アロンソ | インディカー