マクラーレンF1 「新型コロナでインフラの拡張が計画より18か月の遅れ」
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、新型コロナウイルスのパンデミックによってチームは開発曲線から18か月遅れていると語る。

ジェームス・キーとチームプリンシパルのアンドレアス・ザイドルは、ホンダとの不運なエンジンパートナーシップを含む数年間の低迷の後、チームがリストラに着手したとき2019年の初めにマクラーレンに加わった。

マクラーレンの成績は2018年から徐々に改善した。チームのポイント数は年々増加し、最終的に2021年のF1イタリアGPでダニエル・リカルドが2012年以来のグランプリ優勝をマークした。

しかし、マクラーレンは2022年に後退し、2021年の275ポイントに対して159ポイントしか獲得できず、最終的なコンストラクターズチャンピオンシップでアルピーヌF1チームに遅れをとった。

ジェームス・キーは、新型コロナウイルスのパンデミックの発生がマクラーレンの開発計画に影響を与えたことを嘆いた。

「レースチームは良い仕事をしていると思うが、まだそこには至っていない」とジェームス・キーはRacingNews365.comに語った.

「2019年にアンドレアスと私が到着したとき、インフラは時代遅れであり、いくつか設置しなければならないとすぐに言った」

「我々はいくつかの重要なエリアの拡張計画を立てていたが、その後パンデミックが世界を襲い、そのすべてが停止したことで、インフラへの投資の成果はまだ得られていない。それらはまだ進行中であり、18か月遅れている。拡張計画は停止しなければならなかった」

「コスト上限に達した今、そこを再調整しており、主要なパフォーマンス分野でかなり大量に採用している。長期的な計画だったが、非常に早期に作成されたものであり、予定より大幅に遅れている。だから、我々はまだそれらを待っているところだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン