マクラーレンF1、2024年以前にリカルドに代えてコルトン・ハータを起用?
F1ジャーナリストのジョー・サワードは、マクラーレンF1がダニエル・リカルドに変えてコルトン・ハータを起用する可能性があるとされていると主張する。

複数回のレースウィナーであるダニエル・リカルドは、2021年シーズンに先駆けてマクラーレンF1チームに加入。2021年のF1イタリアGPで勝利を収めてマクラーレンF1を表彰台のトップステップに戻したが、これまでのところ計画通りに進んではいない。

ダニエル・リカルドはそのシーズンの前半にチームメイトのランド・ノリスによって一貫してアウトパフォームされていた。彼のパフォーマンスレベルはランド・ノリスに比べてそこから改善したが、2022年の序盤戦で結果を出しているのはノリスだ。

ランド・ノリスは、バーレーンでの困難なオープニングラウンドの後、マクラーレンF1の改良をフルに活用し、7位、5位、そして、エミリア・ロマーニャGPでは3位で表彰台を獲得した。

ダニエル・リカルドはサウジアラビアでリタイアを余儀なくされたが、エミリア・ロマーニャGPではフェラーリのカルロス・サインツと衝突を引き起こし、ノーポイントで終えた。これまでの彼の唯一のポイントは、ホームレースでの6位だ。

ダニエル・リカルドのマクラーレンF1との契約は2023年末までとなっているが、ジョー・サワードは、インディカーのスターであり、マクラーレンF1の開発ドライバーであるコルトン・ハータをダニエル・リカルドの後任候補として挙げ、おそらく2024年以前にも交代の可能性があると自身のブログで書いた。

「ダニエル・リカルドはマクラーレンで少し迷子になっているようであり、2024年にダニエルがコルトン・ハータと後退させられるという噂が続いている。コルトン・ハータは、ザク・ブラウン(マクラーレン・レーシングのCEO)がF1の門をアメリカ企業に開くことができると信じているアメリカ人だ」

「ハータがF1スターになるために必要なものがすべて兼ね備えているかどうかを確認する必要があるが、彼にはスピードがあるようだ」」

マクラーレンF1チームとの契約の一環として、コルトン・ハータは、2022年にマクラーレンMCL35Mをテストする予定となっている。

ザク・ブラウンは現在、そのための計画が実施されていることを確認しているが、詳細は明らかにされていない。

マクラーレン F1 ダニエル・リカルド

「コルトンの計画は立てられてい」とザク・ブラウンはRACERに語った。

「アンドレアス・ザイドル(マクラーレンF1 チームプリンシパル)がそれを伝える準備ができたときに外部に向けて伝える。しかし、計画はある」

マクラーレンは、パトリシオ・オワードというF1にリンクされたもう一人のインディカーレーサーを抱えている。

アロー・マクラーレンSPのドライバーであるパトリシオ・オワードは、2021年のアブダビヤングドライバーズテストにマクラーレンから参加したが、コルトン・ハータが参加したことで、マクラーレンプログラムにおけるオワードの将来に疑問が投げかけられた。

ザク・ブラウンは、パトリシオ・オワードの新しい取引がまもなく発表されると語る。

「我々はパトと素晴らしい状態にある」とザク・ブラウンは確認した。

「我々はよく理解している。長い間一緒にレースをしたいと思っている。まだ紙にサインはされていないが、我々は相互に理解している」。

「我々が新しい関係を築くのは、かなり差し迫っている。数か月ではなく、数週間だ。とても興奮している」

コルトン・ハータは、現在、アンドレッティ・オートスポーツからインディカーに参戦している。アンドレッティは、アンドレッティ・グローバルとして2024年にF1に新規参入することを申請しており、それが実現した場合、コルトン・ハータをドライバーに起用するとも言わている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド