マクラーレンF1代表 「Bチームを持つことが成功の鍵になってはならない」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、競争力の“原則”として、F1はいわゆる“A”チームと“B”チームの間に厳しい制限を設ける必要があると考えている。

アンドレアス・ザイドルは、“A”チームが“B”チームの仕事から利益を得るかどうかがグリッドの残りの部分にとって「懸念」であると信じている。たとえば、アルファタウリが両方のチームを助けることができる方法で革新した場合、レッドブルは仮想的に彼らの車を改善することができる可能性がある。

その結果、2つのチーム間のこの種のコラボレーションは、それが事実となった場合、スポーツの完全性を損なうものと見なされる可能性がある。

そして、アンドレアス・ザイドルは、フィールドの最前線に戻るという野心を掲げるマクラーレンF1にとって、競技場が可能な限り平等ではってほしいと考えている。

F1チーム間の協力関係について質問されたアンドレアス・ザイドルに「2つの問題がある」と語った。

「たとえば、“B”チームは、これによりパフォーマンスを向させるために労力を減らすことができる。しかし、さらに心配なのは、“A”チームがその恩恵を受けていることだ」

「それは明らかに心配なことであり、我々はチームとして野心を持っている。我々には目標がある、たとえば、2番目のチームを持たないという野心があるので、ここで解決策を見つけることを願っている」

「F1が最前線で戦うために2番目のチームが必要なポジションにならないことを願っている」

一方、アンドレアス・ザイドルは、フェラーリとのつながりに疑問を呈したメルセデスF1のチーム代表のトト・ヴォルフの見解に反して、ハースF1チームの成功は完全に値するものだと付け加えた。

アンドレアス・ザイドルは、現在、FIA(国際自動車連盟)と状況について「永続的な対話」を行っており、チーム間の過度のコラボレーションと戦うための堅牢なシステムを設置してくることに「完全な自信」を持っていると語る。

しかし、アンドレアス・ザイドルは、F1に10の個別のコンストラクターがいることを保証するために、知的財産の共有など、2つのチーム間で「取り締まる」ことができない開発の側面をスポーツが禁止する必要があることを保証したいと考えている。

「F1、FIA、チームが将来のF1を決定する必要があるのは、原則の問題だ」とアンドレアス・ザイドルは説明した。

「繰り返しになるが、我々の立場は変わっておらず、チームの現在のスポーツパフォーマンスとは何の関係もない」

「繰り返しになるが、それを明確にしたいだけだ。ハースは現時点で彼らが生み出すすべての結果に値する。レギュレーションがあり、彼らがレギュレーションを満たしていれば、不満を言うことは何もない。我々もそれに不満はない」

「それは原則についてであり、F1は将来どうあるべきかについてだ。繰り返しになるが、F1はコンストラクターのチャンピオンシップであるべきだと思っている。つまり、車のパフォーマンスに関連するすべてのもの、つまり車のパフォーマンスに関連するすべてのIP(知的財産)は、チームによって、つまり、特定のチームによって行われる必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン