マクラーレンF1 「2022年もフレキシブルウイングを仕込む余地はある」
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めうジェームズ・キーは、2022年もF1チームがフレキシブルウイングを仕込むための“トリック”があると予想してはいるものの、新しいレギュレーション下で空力男性を利用するのはより難しくなると考えている。

昨年のF1スペインGPでは、メルセデスF1がライバルのレッドブル・ホンダが、ストレートでRB16Bのリアウイングが“曲がる”セットアップを使用して最高速度を上げていると抗議。

FIA(国際自動車連盟)は、F1フランスGPでウイングが曲がる能力を検証するためにプルバックと垂直荷重テストの両方に適用される荷重を2倍にするより厳しい制約を導入した。

しかし、シーズン後半、今後は、レッドブルF1がメルセデスF1のリアウイングに苦情を申し立てた。F1ブラジルGPでレッドブルのエンジニアはメルセデスW12リアウイングについている“スコアマーク”を特定し、それがウイングが屈曲している動かぬ証拠だとした。

F1カタールGPでは、FIAはメルセデスのリアウィングデザインの検査を再度増やしましたが、違反は見つからなかった。

ジェームズ・キーは、F1のまったく新しい技術規制(グラウンドエフェクトの復活を伴う)が空力弾性を利用する可能性を大幅に減らしたと信じているが、それでも完全に排除したわけではないと語る。

「空力弾性の感度は変化したと思う。これは、詳細に議論され、屈曲可能なコンポーネントをより適切に管理するレギュレーションからよく理解されていると思う」とジェームズ・キーは語った。

「いくつかのテストはより厳格だ。たとえば、リアウィングのテストは少し厳しくなる。これらの領域で2021年に行われたことのいくつかは2022年まで続いており、多くの注意が払われると思う」

しかし、ジェームズ・キーは、ある程度の空力弾性を利用するための巧妙な策略を除外していない。

「2022年のフロントウィングは巨大だが、それでも剛性に関する非常に厳しいガイドラインがある。そのため、仕込むためのトリックは常にいくつかあると思うが、簡単に利用できるものはないと思う」とジェームズ・キーは説明する。

「マシンには、合法的に利用できる一定レベルの剛性を持つことができるいくつかの異なるコンポーネントがある。したがって、2022年に使用できるさまざまな新しいツールがあることにおなる」

「おそらくそれは何らかの形の問題になるだろうが、それはチームやFIAが無視していることではない。来年に向けて正しく規制するために非常に注意を払っているかなり明確な領域だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン