マクラーレンF1のザク・ブラウン 「タイトルスポンサーは必要ではない」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、タイトルスポンサーを獲得することに反対することはないが、現在のマクラーレンのシンプルなブランディグが好きだと主張する。

2013年にボーダフォンと別れた後、マクラーレンにはタイトルスポンサーがいないが、2015年から2017年の間はマクラーレン・ホンダとして知られていた。

メルセデス、フェラーリ、ハース、アルファロメオはすべてエンジン以外のタイトルスポンサーを掲げているが、ザク・ブラウンは、マクラーレンのF1チームは同様の取り決めを「積極的に追求」していないと述べた。

「それぞれ独自のものだと思っている」とザク・ブラウンは語った。

「誰もが独自のビジネスモデルを持っている。私はマクラーレンという我々のチームの名前が好きだ」

「タイトル取引をするか? するだろう。積極的にそれを追求しているか? ノーだ。タイトルレベルのブランディングを販売しるか? イエスだ」

「しかし、我々はマクラーレンとして知られることを望んでいる。私は我々のカラーが好きだ。それは我々にとって非常に重要なファンの共感を呼んだと思う。我々のビジネスモデルは、我々が行っていることを実行することで構築されている。それは優れたパートナーをもたらしているが、タイトルスポンサーは必要ではない」

マクラーレンは、過去数シーズンにわたって数多くのスポンサー契約を獲得しているが、ザク・ブラウンは歴史的な巨額のパートナーシップからの脱却している傾向になると述べた。

「タイトルスポンサーが歴史的に行っていた小切手のサイズを書く時代は過ぎ去ったと思う。また、タイトルスポンサーがいると、1つのバスケットに卵が多すぎる傾向がある」とザク・ブラウンはは付け加えた。

「むしろ、私はパートナーのポートフォリオ全体にスポンサーシップを広げたいと思っている。もう1つは、Cisco WebexがグローバルTVキャンペーンで非常に優れた仕事をしたことだ。パートナーが我々を活性化することが非常に重要だ」

「したがって、デル、シスコ、デウォルトが世界中のマクラーレンブランドにもたらす認知度が高い方が、すべての卵を1つのバスケットに入れるよりも優れている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1スポンサー