マクラーレンF1首脳 「リカルド復調のためにやれることはもう何もない」
ダニエル・リカルドが、マクラーレンの2021年F1マシンで完全にスピードを上げるためにチームとしてやれることは「何もない」とトップチームエンジニアのアンドレア・ステラは語る。

今シーズン、マクラーレンに加入したダニエル・リカルドだが、10歳若いランド・ノリスと比較して低調なパフォーマンスに対して批判の声が高まっている。

「彼はモナコの後でそれを自分で認めた」とオランダのレーシングレジェンドであるトム・コロネルは Formule 1 に語った。

「彼は 『ノリスは僕ができないことをマシンでやれている』と言った」

「彼が2019年にレッドブルを去ったとき、彼はお金のために移籍したのはすでに私には明らかだった」

特に2021年のマクラーレンに関して、アンドレア・ステラはダニエル・リカルドの問題の基本的な空力コンセプトであると語る。

「適応する責任がドライバーにあるのはそれが理由だ」とアンドレア・ステラは語る。

「我々は彼に速いツールを提供しているが、それは特定の方法で使用する必要がある。残念ながら、現時点ではそれについて我々にできることは何もない」

「それをミュージシャンと比較するのが好きだ。ギタリストに楽器の使い方を正確に説明することはできるが、彼が最初のコンサートを行うまでにはかなりの時間がかかる」

しかし、アンドレア・ステラは、ダニエル・リカルドは苦しむなかでも「前向きな姿勢」を維持していると語る。

「ドライバーが最後の0.1秒を見つけることができていない場合は常にそうであるとは限らない。だからこそ、私は彼の将来についてまだ楽観的だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド