マクラーレンF1代表 「ダニエル・リカルドの順応の遅さに失望している」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、チームに加入して以降のダニエル・リカルドのパフォーマンスに失望していることを認めている。

カルロス・サインツの後任として2021年にマクラーレンに加入したダニエル・リカルドには大きな期待が寄せられたが、9戦を終え、チーム移籍したドライバーのなかで唯一といっていいほどパフォーマンスを発揮できずにいる。

ダニエル・リカルドは、シーズンを通してランド・ノリスのパフォーマンスに匹敵できず、最近では近づくことさえできていない。その結果、二人の間には61ポイントの差が開いた。

ダニエル・リカルドは、新しいマクラーレンのF1マシンに慣れるのにどれだけ苦労しているかを繰り返し語っているが、それはアンドレアス・ザイドルを驚かせており、それは彼自身とチームを失望させていると認める。

「彼はチームを変えるのがそれほど難しいとは思っていなかったと思う」とアンドレアス・ザイドルは RTL に語った。

「彼は失望しており、我々も失望している。もっと早いと思ったていたからね」

そうは言っても、アンドレアス・ザイドルは、最終的にダニエル・リカルドにとって物事は良くなるとまだ信じている。

「ある時点で彼とクリックするだろうと私はまだ確信している」とアンドレアス・ザイドルは付け加えた。

ダニエル・リカルドが苦戦しているにもかかわらず、マクラーレンはコンストラクターズチャンピオンシップで3位を占めている。これは、主にランド・ノリスのパフォーマンスのおかげだ。

ランド・ノリス

ランド・ノリスは、これまでのシーズンで最も印象的なドライバーの1人であり、3回の表彰台を獲得し、現在はバルテリ・ボッタスの前のランキング4位に位置し、他のミッドフィールドから遠く離れている。

アンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスがレース当日に示した落ち着き、決意、一貫性に特に感銘を受けていると語る。

「彼がどのようにレースにアプローチしているかを見るのは素晴らしいことだ」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「最初のラップがうまくいかなくても、彼は自分自身が揺らぐことはない。彼はチャンスを待って、それを掴み取っている。彼は信じられないほど落ち着いてこれを行っている。印象的な決意がある」彼はほとんどミスを犯していない」

そうは言っても、アンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスにもまだ改善の余地があると考えている。

「基本的に、F1で3年名で完全なドライバーではないと思う。だが、彼の成長は印象的だ」

今シーズンの初めにマクラーレンはランド・ノリスと複数年契約を締結したが、チームにとっとそれは簡単な決断だったとアンドレアス・ザイドルは語る。

「1年目から2年目までの彼の成長を見た後、昨年末に我々が彼に頼れることは常に明らかだった」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「彼はチームにとても満足している。したがって、この契約延長を早い段階で行うことは、単純で論理的な決定だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド / ランド・ノリス