マクラーレンF1、一度は移籍を断ったリカルドの心境の変化を説明
マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドがマクラーレンへ移籍することに考えを変えた理由を説明した。リカルドは2019年にマクラーレンに移籍するためののオファーを断っていた。

2018年シーズン末にフェルナンド・アロンソが引退し、ストフェル・バンドーンとの契約を更新しないことを決定したマクラーレンは、新人のランド・ノリスのチームメイトを探していた。

マクラーレンは、ダニエル・リカルドにアプローチして綿密な契約交渉を進めていたが、最終的にリカルドはワークスチームへの移籍が自分のキャリアにとって良い選択肢だと判断し、ルノーF1に移籍することを決断している。

しかし、1シーズン後、ダニエル・リカルドは、ルノーF1チームを離脱し、2021年にマクラーレンに加入することを選択した。

ダニエル・リカルドの心境にどのような変化があったのかと質問されたザク・ブラウンは、マクラーレンの数年間の低迷と回復への見通しはリカルドを説得することができなかったが、2019年にチームが立ち直り、ルノーF1よりも上位でシーズンを終えたことによって、リカルドはマクラーレンのプロジェクトと長期的な野心を信じてくれたと語った。

「我々は彼が加入しないという決断をする数年前から彼のことを追い求めてきた」とザク・ブラウンは Sky Sports F1 に語った。

「私は加入について彼と話をした。彼は丁寧に言えば『かなり乏しいシーズンを過ごしていた印象がある』と語っていたが、我々がチームを再構築するためにやろうとしていることはたくさんあった」

「まだアンドレアス・ザイドルやジェームス・キーを連れてきていなかったし、リーダーシップチームも再編成していなかった。だから、有望なことはたくさんあったし、そのような悪いシーズンから抜け出し、彼が『おっと、これがどのように展開するか見てみよう』となったの見ることができた」

「彼はそれがどのように展開しているかを気に入ってくれた」とザク・ブラウンは付け加えた。

「私もそれがどのように展開しているかを気に入っていた。彼は我々行った変更、アンドレアスがもたらしたリーダーシップ、株主からの支持、メルセデスエンジンへの移行を目にした。我々は進行中のチームであり、彼は我々を次のレベルへと導いてくれると思っている」

「ダニエルのようなグランプリウィナーを獲得することは、間違いなく我々が正しい方向に進んでいるサインだ」

ダニエル・リカルドは、セバスチャン・ベッテルの後任としてフェラーリに移籍するカルロス・サインツの後任となる

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド