ザク・ブラウン 「2021年に予算上限が導入されても5チームは下回る」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2021年のF1世界選手権で予算上限が導入された際、グリッドの半分がその額を下回ると予想している。

FIA世界モータースポーツ評議会は、2021年の技術規則、競技規則、財政規則を含めた新レギュレーションを承認。特に大きな要素となるのは1億7500億ドル(約188億円)の予算上限だ。

予算上限にはマーケティングコストや、ドライバー、チームプリンシパル、その他の上級職員などの人件費は含まれないが、グリッド上のいくつかの大規模なチームによっては新たな課題となる。

しかし、ザク・ブラウンは、予算上限が中団チームに大きな影響を及ぼすことはないと考えている。

「我々の間に大きな違いがあるとは思わない」とザク・ブラウンは語る。

「おそらくルノーは予算上限でレースをすることになると思う。だから、5チームは予算上限に達するが、5チームは未達ということになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン