マクラーレン、2021年の18インチF1タイヤのテストを実施
マクラーレンは、2021年に導入されるピレリの18インチF1タイヤのテストを実施した。

現在、F1では13インチのタイヤが使用されているが、2021年のF1世界選手戦からはF1レギュレーション変更の一部として5インチアップされた18インチのF1タイヤが導入されることになっている。すでに今年9月にはルノーが2日間にわたってポール・リカールで18インチF1タイヤのテストを実施している。

マクラーレンは、11月7日(木)に同じポール・リカールでテストを実施。現地は気温11度の曇り空のコンディション。カルロス・サインツがステアリングを握ったが、悪天候によって39周で走行を終了した。

テストは8日(金)にも行われ、ランド・ノリスが走行を担当する予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン