F1 フェルナンド・アロンソ
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソが2019年に1年間F1から離れた後、再びF1に復帰する可能性はあると考えている。

フェルナンド・アロンソは、夏休み中に2019年はF1でレースをしないことを発表。夏休み明けのベルギーGPの記者会見では、それがF1からの引退だと考えていることを明らかにしている。

インディカーへの転向も噂されるフェルナンド・アロンソだが、現時点では来年までシーズンをまたいで開催されるFIA 世界耐久選手権(WEC)にトヨタから参戦することをしか決定していない。

だが、ザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソをF1で見るのは最後ではないかもしれないと考えている。

「非常にエキサイティングなことだ。フェルナンドは信じられないくらいの才能の持ち主だ。2019年にF1で彼を見られないのは残念だが、私は将来に関しては除外していない。フェルナンドがどのようなドライバーがみなさんもご存じだろう。彼はレースを終えるわけではないのは間違いない」

「ストフェルもF1カーに落ち着くことを願っている。彼はF1に相応しい。我々はレースカーによって難しい2年間を過ごしたし、それは彼を難しくさせた」

「我々は二人のドイバーを変更したし、私はとても興奮している。カルロス・サインツは若いが経験豊かだし、ランド・ノリスは我々が数年前から見てきたドライバーだ。彼は若いし、ルーキーのミスをすると思うが、我々は将来のラインナップについて非常に自信を持っている」

ランド・ノリスは、カートでワールドチャンピオンを獲得してからわずか4年でのF1昇格となるが、ザク・ブラウンは、ケビン・マグヌッセンやストフェル・バンドーンがチームでポテンシャルをフルに発揮できなかったことを踏まえて、10代の若者にあまり期待をかけすぎないようにする必要があると語る。

「ランドは、カートのワールドチャンピオンを獲得した初年度から全てにおいて際立っていた。そのようなドライバーのなかには遅く開花する者もいれば、早くに開花する者もいる。我々はランドに対する期待を管理するために非常に注意を払わなければならない」

「彼は速く、素晴らしいレーサーだが、F1には多くのタフな才能の持ち主がいる。我々は自信を持っているし、そうでなければ、彼をクルマに乗せていないだろう。だが、我々は忍耐強くなければならないし、これらのことには少し時間がかかることを認識しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | フェルナンド・アロンソ