F1 マクラーレン ストフェル・バンドーン
マクラーレンは、2018年末でストフェル・バンドーンがチームを離れることを発表した。

今年2年目のF1フルシーズンを迎えたストフェル・バンドーンだが、期待された成績を残せておらず、マクラーレンがルノーを搭載した今年、予選では一度もチームメイトのフェルナンド・アロンソを上回ることができていなかった。

マクラーレンは、今シーズン限りでF1を離れるフェルナンド・アロンソの後任としてカルロス・サインツとの契約を発表している。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2019年のドライバーラインナップは“追って”発表するとし、ストフェル・バンドーンに敬意を表した。

「我々はストフェルのマクラーレンにおける献身、ハードワーク、コミットメントに心から感謝している」とザク・ブラウンはコメント。

「彼は、ジュニアキャリアで素晴らしい実績を残してきたは才能のあるドライバーだ。我々は、テストドライバーとしての彼の役割から2016年のバーレーンでのデビュー戦でのポイントを獲得といったF1に彼を入れるための役割を果たせたことを誇りに思う」

「我々がストフェルに彼の真の才能を示すツールを提供できていないのは明らかだが、我々のリレーションシップを通して、彼が素晴らしいチームプレイヤーであることは証明されている。彼の仕事倫理は印象的であり、彼はチーム内で素晴らしい評価を得ている。我々は彼との仕事を本当に楽しんできた」

「もちろん、我々は共により多くの成功を収めたかった。だが、それは彼がマクラーレンのグランプリドライバーのファミリーの一員であるという事実を損なうものではない」

「現在、我々は将来、そして、2018年の残りのグランプリを見据えている。我々はストフェルとフェルナドの二人が今シーズンのカーテンを閉めるまでできる限り多くのポイントを獲得するために懸命にプッシュしてくれることをわかっている」

「我々はストフェルがキャリアで次にどの方向を選ぶとしても活躍を願っているし、これからも彼を全面的にサポートしていく」

「2019年のフルドライバーラインナップは追って発表する」

関連:マクラーレン、ランド・ノリスの2019年の起用を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ストフェル・バンドーン