マクラーレン F1 ホンダ
マクラーレンは、ホンダ以外のメーカーとカスタマーエンジンの供給について交渉していることを認めた。

最近、マクラーレンとホンダの決別の可能性は低くなったと考えられていた。

しかし、マクラーレンのディレクターを務めるジョナサン・ニールは、パフォーマンスと信頼性に苦しんでいるホンダとの現状は“持続可能ではない”とシルバーストーンで述べた。

「当然、我々は『ここからどこに向かうべきか?』『競争レベルを取り戻すには何か異なることをしなければならない?』というポイントに達していると思う」とジョナサン・ニュースはコメント。

シルバーストーンでは、契約という最終的なハードルを越えて、マクラーレンがホンダのエンジンを破棄する決断をしたとの噂が広がった。

マクラーレンが2018年に搭載する可能性が高いのはメルセデスだと考えられているが、フェラーリとルノーとも交渉を行っていると噂されている。

「F1では、みんなが誰とも話をしていないと言っているときは、全員が全員と話をしているというのが答えだ」とジョナサン・ニールは認める。

だが、もうひとつのハードルはF1レギュレーションだ。

現在、メルセデスは、自身のワークスチームに加えて、ウィリアムズとフォース・インディアにカスタマーエンジンを供給しており、4チーム目に供給する場合はレギュレーションの調整が必要となる。

「あなたは正しい」とジョナサン・ニールはコメント。「エンジンメーカーが3チーム以上に供給するためにはFIAの承認が必要だ」

「我々は厳しい状況を切り抜けつつ、FOMおよびFIAと良い関係を維持している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ