マクラーレン 映画
マクラーレンの創設者ブルース・マクラーレンの人生を綴ったドキュメンタリー映画「McLaren: The Film」が今年後半に公開される。

1937年にニュージーランドで生まれたブルース・マクラーレンは、1959年にクーパーからF1デビューを果たし、最終戦のアメリカグランプリで初優勝。1963年にテディ・メイヤーらとプライベートチーム「ブルース・マクラーレン・モーターレーシング」を設立してF1に参戦した。

だが、1970年6月2日、グッドウッド・サーキットで1970年用のCan-Amマシン『M8D』のテスト中に、マシンのリアカウルがウィングごと脱落してクラッシュ。この事故でブルース・マクラーレンは死亡した。

ブルース・マクラーレンの死後もチームは活動を続け、現在のマクラーレン・ホンダへと繋がってる。

映画には、エマーソン・フィッティパルディ、アラステア・コールドウェル、クリス・エイモン、ハウデン・ガンリー、マリオ・アンドレッティ、ダン・ガーニーとジャッキー・スチュアートら貢献。マクラーレン・ファミリーとそのアーカイブを見ることができるという。

マクラーレンだけでなく、モータースポーツファンにとって必見の作品となるだろう。

McLaren: The Film



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン