マクラーレン・ホンダ F1日本グランプリ 予選
マクラーレン・ホンダは、F1日本グランプリの予選で、フェルナンド・アロンソが15番手、ジェンソン・バトンが17番手だった。

フェルナンド・アロンソ (15番手)
「ここ数戦は予選でQ3に進出し、決勝では入賞争いをするという力強いパフォーマンスを披露していただけに、15番手および17番手という今日の予選結果は、ホンダの母国グランプリを迎えるにあたってベストなポジションとは言えない」

「今週末は、今のところマシンにスピードがない。ここ数戦は予選でQ3に進出し、決勝では入賞争いをするという力強いパフォーマンスを披露していただけに、15番手および17番手という今日の予選結果は、ホンダの母国グランプリを迎えるにあたってベストなポジションとは言えない。今週末は、今のところマシンにスピードがない。高速コーナーとストレートの両方でパフォーマンス不足に悩まされているので、ダウンフォースとのバランスをどう設定するのか理解するのは容易ではない。僕たちのパフォーマンスはサーキットごとに変化するようなので、ここでパフォーマンス不足となっている原因をちゃんと分析する必要がある。明日は雨が降らない限り、僕たちが入賞に向けてレースで十分なポジションを挽回するのは難しいだろう。ただ、明日の決勝では攻めるつもりだ。失うものは何もない」

ジェンソン・バトン (17番手)
「今のところ厳しい週末だ。金曜日にはいいバランスをみつけることができず、マシンがうまく機能していなかったので、今朝フェルナンドのセットアップに切り替えた。Q1では、フェルナンドのベストタイムとはわずか0.03秒差だった。今週末はこれまであまりいい走りができていなかったので、フェルナンドとあれだけ僅差だったことは、それほど悪い結果ではない。今日のラップタイムは、単に僕たちのマシンがここでどれだけ速いかを公平に示すものであり、その結果、僕はQ1敗退となった。僕たちのマシンは、低速コーナーやヘビーなブレーキングを要するときに最も実力を発揮する。それに対して、鈴鹿は中高速や長いコーナーがたくさんあるだけではなく、長いストレートもあるので、それらすべてが僕たちにとって、より難しいものとしている」

エリック・ブーリエ (レーシングディレクター)
「ホンダの母国グランプリが開催される鈴鹿サーキットで、15番手および17番手という予選結果に終わったことは、当然のことながら残念です。ただ、フェルナンドもジェンソンもいいラップを走行し、2人のタイム差はわずか0.03秒でした。残念ながら今日はその差がQ2に進出するかどうかの分かれ道となり、ジェンソンは非常に僅差でQ1敗退となりました。鈴鹿はすばらしいコースであり、実際、ドラマチックで難しいサーキットです。ただ、我々のマシンはその長いストレートと中高速のコーナーには適していないのです。いつもながら、我々はチャンピオンシップポイントを獲得するために、明日はベストを尽くします。ただ、正直言うと、苦しい戦いになるでしょう」

関連:F1日本GP 予選:ニコ・ロズベルグがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1 / F1日本GP