マクラーレン
ヘレスでの最終テストでペースを改善させたマクラーレンだが、チーム代表であるマーティン・ウィットマーシュは、開幕戦オーストラリアGPでの可能性には否定的だ。

マクラーレンはMP4-24のスピード不足を公然と認めており、今週のヘレステストではペースを改善させたようにも見えたが、ウィットマーシュはチームの問題はまだ未解決であり、オーストラリアGPでの目標は現実的であると語る。

「我々は2009年シーズンのスタートに向けて、ドライバーが上位で戦えるような技術的なパッケージを持っていないことを完全に認識している」

「F1には隠れる場所はない。それがF1を非常に要求の多いものにしているし、果てしなく魅力的なものにしている」

「レースに勝ち、ワールドチャンピオンに挑戦することを期待してグランプリレースを行うチームとして、我々は現実的な予想を持ってメルボルンへ向かう」

「それでも我々は再び上位で自己主張をするために大きな決意を持ってシーズンを始めるし、それを達成するまで決して休むことはないだろう。最も重要なことは、我々が勝つ方法を忘れていないということだ」

開催日程:オーストラリアGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | F1オーストラリアGP