マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは、F1バーレーンGPの決勝レースで、ストフェル・バンドーンが10位入賞。今シーズンのチーム初ポイントをもたらした。ジェンソン・バトンはパワーユニットの不具合によりリタイアした。

ストフェル・バンドーン (10位)
「今日の結果は、おおよそ予想通りだった。チャンスを最大限に生かすことができたし、かなり満足している。スタートは少し難しかった」

「(スタート直後に接触した他チームのマシンの)破片が左右に散らばっていて、実際、その破片を避けるだけでもたいへんだった。それに加えて、オープニングラップではポジション争いも多数あった。今週末の初めから、マシンに乗りながら非常に自信を持てた気がしていましたし、いい仕事ができるという、心地よい気持ちもあった。操作面でなにもミスをしなくてよかった。レースではそのことに一番集中していたけど、ポイントを獲得できたのは、うれしいボーナスだった。今週末は僕にとって大きなチャンスだった。僕はそれを最大限に生かし、自分の実力を示すことができた。次になにが起こるのかを静観するだけだ。それは僕が決断することではないので、今後どうなるのか見てみよう」

ジェンソン・バトン (リタイア)
「今週末、僕たちのマシンは真の進化を遂げた。予選は計画通りにはいかなかったものの、マシンには速さがあった。今日はもっとポイントを獲得できたと思うので、そういう意味では難しい週末となった。それでも、全体的なペースに関しては、ポジティブな点がいくつかあったと思う。レース中に突然パワーを失い、マシンがストップした。実際なにが問題だったのかはまだ分からないけど、マシンが急にストップした。2コーナーの出口で最初にその感触があったけど、結局、10コーナーでストップしてしまった。今日は残念だった。非常にいいスタートを切ったことで一気にポジションを上げ、10コーナーではブレーキをしながら3台のマシンを追い越した。それについては、かなりうれしかった。なので、本当に残念だ。マシンがストップするまでは、燃料を大量にセーブして、タイヤもいい状態だった。前方のマシンに連なって、一定の速度で走行していた。僕たちは戦略面でライバルチームとは少し違うことをしようと考えていた。僕たちのすぐ前を走っていた他チームのマシンは、5位および6位で完走した。今日はそれらのマシンといい戦いを繰り広げることができたのではないかと思う。今週末、ストフェルは堅実な仕事をし、チームにとって今年初となるポイントを獲得した。ストフェルも僕もコース上で起きたアクシデントに助けられたけど、みんなが口をそろえて言うように、今日はストフェルがいい仕事をした」

関連:F1バーレーンGP 結果:ニコ・ロズベルグが2連勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダF1 | F1バーレーンGP