ARTグランプリ
マクラーレン・ホンダは、2016年に“Bチーム”を作ろうとしているという噂を否定した。

今週、FIAは新規F1チームの募集を開始。その有力候補は、フランスのGP2チーム、ARTグランプリなのではないかとの推測された。

今年のGP2選手権をリードしているのは、マクラーレン・ホンダと同じカラーリングのARTから参戦する育成ドライバーのストフェル・バンドーンだ。

Auto Motor und Sport は、フェラーリとハースのようなカタチで、来年からARTがマクラーレン・ホンダの"Bチーム"になるのではないかと予想。そうすれば、ケビン・マグヌッセンにもF1グリッド復帰の道が開ける。

マクラーレンのロン・デニスCEOは、28日(木)にリザーブドライバーのケビン・マグヌッセンを連れてコペンハーゲンを訪れており、マグヌッセンのグリッド復帰を後押ししてほしいと、デンマークのビジネス界にアピールした。

ロン・デニスは、マクラーレン・ホンダにはフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンのチャンピオンコンビがいるため、「もう1年、勉強のために彼(マグヌッセン)を別のチームに送り込む手助けをしなければならないかもしれない」と Ekstra Bladet 述べた。

しかし、ARTを“Bチーム”化する計画について、マクラーレン・ホンダの広報担当は「そのような計画はなく、議論もされていません」 と述べた。

関連:ARTグランプリ、マクラーレン・ホンダのBチームとしてF1参戦?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1 / GP2