ARTグランプリ
2016年に新規参戦するチームに関する噂が浮上している。

FIAは28日(木)、ハースF1チームの他に、早ければ2016年に新規参戦するチームを募集することを発表し、F1メディアを驚かせた。

Auto Motor und Sport は、もうすぐ6月に入ることを考えると、新チームが2016年までに準備を整えるには“カスタマーカー”が許可された場合だけではないかと報道。

もう一つの可能性は、12番目のチームがある程度特定されていることだ。

同誌は、その候補がGP2チームのARTグランプリだと考えれば納得がいくと報じてる。

ARTグランプリは、FIAの会長を父に持つニコラス・トッドが率いるチームであり、マクラーレンの育成ドライバーであるストフェル・バンドーンがドライバーを務めている。

もし、ARTグランプリがマクラーレン・ホンダの“Bチーム”になれば、ケビン・マグヌッセンにもF1グリッド復帰の道が用意される。

FIAはすでに2016年の新チームについて目星をつけているのではないかとの質問に、広報担当のマッテオ・ボンチアーニは「FIAは特定の候補を想定してはいません。自動車メーカーが名乗りを上げることも考えられます」 とコメント。

「それが可能になれば、我々は相応の手順を踏まなければなりません。それに従っているだけです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1 / GP2