キミ・ライコネン
マクラーレンは、2014年にキミ・ライコネンが復帰を果たすかもしれないとの噂を否定した。

ロータスとの契約が今シーズン末で満了するキミ・ライコネンは、2014年の所属としてロータス、レッドブル、そしてフェラーリの名前が挙げられている。

だが、ジェンソン・バトンが、ベルギーでまだマクラーレンと2014年の契約を結んでいないことを明らかにしたことで、新たにマクラーレンもキミ・ライコネンの選択肢として数えられた。

また、Auto Motor und Sport は、マクラーレンがセルジオ・ペレスとも来季の契約を交わしていないと報じている。

しかし、マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは「キミが我々のところに来るとは思わない」とコメントしている。

「我々は、ジェンソンとの契約を更新したいと思っている。それに、チームが今シーズン置かれた状況を考えれば、セルジオにはもう一度チャンスが与えられるべきだ」

キミ・ライコネンは、2007年にフェラーリへ移籍するまで、2002年から2006年までをマクラーレンに在籍している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / キミ・ライコネン